« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

つかの間

20121227l1540130

連日の雪かきは大変だが、車を運転している時に見る移りかわる雪景色、大掃除の片付けの途中に廊下から眺める雪の降る様はとてもいい。移動中に見る雪はつかの間だからいいのだろう。

心に残る風景や出来事を思い起こしながら、つかの間をいくつ重てさらば2012年。


| | コメント (0)

2012年12月30日 (日)

蛍光灯を替える

20121229l1540201

家中の蛍光灯を新しいものに替えることが年末の行事になっている。長いのも丸いのも短いの小さいの、蛍光灯のほとんど全て。変えたら2割ほど明るくなった感じがした。

久々に晴れた夕方、西の空にはひこうき雲が交差し、蛍光灯の無事交換を祝った。



| | コメント (0)

2012年12月29日 (土)

掃除には手頃な日

20121229l1540140

冬のイナカーナには珍しく晴れ渡った。こんな日は年内にはもうないだろうと、大掃除。今年はやらないと一度は決めた大掃除だったがいい天気のせいにして朝から取りかかる。

使い終わったらそのままポイ!の万能ぞうきんを手に柱、敷居、もろもろを拭く。座敷、茶の間、台所と次々に制覇しては歓喜の声を上げる。歓喜と言えばベートーヴェンの第九。レイボヴィッツのレコードをを手に入れたが、聴く時間がまるで作れない。





| | コメント (0)

2012年12月28日 (金)

投函した朝

20121226_l1540034

午前2時に年賀状の宛名書きを書き終えたその日の朝、玄関から歩いて30秒のポストへ投函する。まだ日が昇る前のポストは小雪を乗せて、四角い口を開けていた。濡れないように包んだ年賀状をふたつ投函し、なんとか間に合ったと安堵した。








| | コメント (0)

2012年12月27日 (木)

吹雪

20121226l1540056

風の強い真冬日、用があり車で出かけ、街を出た途端、地吹雪に見舞われる。フロントガラスの先、数メートル先しか見えず顔をガラスに近づけて徐行しながら進むが、先を行く車もなく道路の両脇もわからなくなる。慎重にゆっくり車を進め、ようやくぶつかった信号で街に引き返した。

こんな日は冬に数回はある。仕事でやむを得ない場合を除き、出かけないことが肝心。



| | コメント (0)

2012年12月26日 (水)

プレゼント

20121224_dscf7045

メイ・ヨークは幼くして両親と別れたこともあり、祖父母に育てられた。養育費は祖父が出し、学校の授業参観には祖母が出かけ、運動会には叔父が参加した。メイ・ヨークに物心がついた頃には両親のいないことが家族の形になった。メイは小学校に上がるまでは日本舞踊を、それ以降はピアノを主に習った。中学に入りピアノと吹奏楽とテニスをやろうと試みたが次第にテニスから遠ざかり、高校ではピアノと吹奏楽をやり、最後にはピアノが残った。祖母はメイの習い事、その送り迎えを得意の車で全てこなした。

祖父の仕事の関係もあり幼いメイ・ヨークにはクリスマス・プレゼントがたくさん集まった。周囲の多くの人に気にかけてもらったことも大きい。中には近年まで充分大人になったメイにプレゼントを下さった方もいた。小学校、中学と担任にもよくかわいがられ、可能な限りメイも応えた。

後年、成長したメイ・ヨークに「子どもの頃、両親がいなくてどうだった?」と聞いたことがある。「友だちの家に遊びにいくとその子に両親がいるのが不思議だった」と彼女は答えた。



| | コメント (0)

2012年12月25日 (火)

Merry Christmas!

20121224dscf7269


プレゼントを贈る人も、贈られる人もよきクリスマスをお過ごしになられますように。
暖かな部屋とやすらぐ灯りといい音楽がありますように。
メリー・クリスマス。

ん!風が強いな。次はどこのすき間を塞ごうか?



| | コメント (0)

2012年12月24日 (月)

イブの夜へ

20121223_l1530960

今朝早く、トナカイはフィンランドを出発した。今年の荷物もまあ重いのだが、橇がより重く感じるのはサンタの体重がまた増えたからなのだろう。5キロは確実だ。サンタに言わせると「ダイエットなんかしたら、子どもたちをガッカリさせてしまうだろう?」、なのだそうだ。

それにしても北極圏は美しい。雪に覆われた山々の起伏にはいつ見てもうっとりさせられる。それに遥か下に見える街、家々からは細く白い煙があがる。きっと夕飯は温かなホワイトシチューだ。もっとも、トナカイである私は熱いものは苦手だが・・。

「おい、トナカイくん、目的地についたら起してくれよ」ついさっき、サンタは深夜の配達に備えて仮眠に入った。起す?私はモーニングコールではない。そんなこと、スマートフォンで出来る筈である・・。

大切な仕事を前に、トナカイは大きく吸い込んだ空気をバッフーーンと鼻から勢いよく出すと、イブの夜へとひた走った。


| | コメント (0)

2012年12月23日 (日)

レ・ミゼラブル

20121217_dscf6946

冒頭の船とその綱を曳く囚人の中にその男はいた。男の名は<ジャン・バルジャン>。兄弟の子どものためにパンを盗み、19年の投獄を耐えた男だ。釈放されても囚人だったため求めても職はなく、寒さの中で震える夜を過ごすしかない。ある夜、教会の司祭に声をかけられたジャン・バルジャンは食事と宿を提供される。・・が、司祭たちが寝静まった深夜、食事に使われた銀の皿、グラス、蜀台を盗み彼は逃亡する。しかし、すぐ警官に捕まり司祭の前につきだされるが司祭は食器や蜀台はジャン・バルジャンへあげたものだと説明する。罪を免れたジャン・バルジャンは<これはいったい何なのだ!>と悩む。人の冷たさや悪意にさらされ続けて来た今までを変えるべく男は別の生きかたに舵を切った。

映画『レ・ミゼラブル』がはじまり科白が出た途端、暗闇の中で思わず小さく笑ってしまった。予想していなかったので苦笑いに近い。科白が歌、つまりミュージカルだったのである。そう、今回のレ・ミゼラブル、長い原作の物語の枝葉をそぎ落とし、登場人物たちの心情を歌にした舞台ミュージカルの映画化だったのである。最初は果たして?と危惧の方が大きかった。冒頭の船のシーンがおおげさなCGだったせいもある。

だが、囚人ジャン・バルジャンを演じたヒュー・ジャックマンの面構え、コゼットの母親役であるアン・ハサウェイの歌でミュージカルへの不安は払拭された。俳優それぞれの感情そのものとも言える歌を聴いた。中ではエポニーヌは得難く(かつ役としては得だし)、成長したコゼットとマリウスの未熟さは瑞々しい。ジャン・バルジャンを追う警部(ラッセル・クロウ)は憎憎しく!コゼット(小さい時の)はかわいく!宿の夫婦の性悪!はいくぶん弱い。

話はそれるが岩波文庫の『レ・ミゼラブル』は挿絵が効いている。絵は物語を膨らます。この挿絵を解説した文庫もあった。近い出版では塩野七生の『絵で見る十字軍』が挿絵の好例だろう。

もひとつ、話は映画からそれる。ユーゴーの原作の魅力は長い物語であることだ。その物語の枝葉が面白い。それは取りも直さず作家ユーゴーの筆力の所以でもある。例えばテナルディエ(コゼットを引きとった宿の主人)の戦場での盗みの姿、或いは後半のパリの下水道のウンチクなど・・。それら全てを含んでジャン・バルジャンという男の物語は大きい。

監督は『英国王のスピーチ』のトム・フーバー。テレビ畑から出てきた人は演出に切れ味がある。映画だけの監督よりテクニックはあり、現場で鍛えられたことで引き出しが豊富になるのだろう。ジャン・バルジャンのヒュー・ジャクソン(過去のジャン・バルジャン役であるジャバンやベルモンドに比べれば確かに線は細いが)、そうか、オーストラリアで舞台を演っていた。道理でうまい。




| | コメント (0)

2012年12月22日 (土)

冬至とかぼちゃ

20121209l1530836

冬至にはかぼちゃを食べる。「かぼちゃは蒸かし、別に作った小豆と合わせる。小豆はあまり甘くしないがほんの少し塩を入れるといい甘さになる」とシェフは語った。

お風呂にゆずも入れた。かぼちゃでカロチンやビタミンを摂り、お風呂で体を温める。これだけやっても風邪を引いたら、おとなしくして休もう。




| | コメント (0)

2012年12月21日 (金)

橋を渡って

20121209_l1530869_2

橋を渡って温泉へゆくことがある。いつの年だったか雪の日、近道をしようと農道を通ろうとしたら、その途中で立ち往生したことがある。たいした積雪量ではなかったが進もうにも進めなく、戻ろうにも戻れないことになった。

運転席から降りた私は積んでいたスコップでタイヤ周辺の雪を懸命に除き、平らにした。そこでようやく少しばかり車は前後に動くことができ、ギアをバックに入れ農道を二百メートルほど背走した。運転席で半身をひねり、バックミラー、サイドミラーを何度も確認しながら、積もった雪に乗り上げないように慎重にハンドルを動かした。

以来、冬は近道の農道は決して通らない。



| | コメント (0)

2012年12月20日 (木)

寝雪

20121219l1530941

今まで根雪を“寝雪”とばかり思っていた。“鵜勝”だった。




| | コメント (0)

2012年12月19日 (水)

最高温度

20121219_l1530924

「本日の最高温度は0℃の予報になります」
朝の天気予報を見て、海坂に出かけた。行き帰りの車のフロントガラスから何度か見かけた外気温の温度表示はすべて0℃だった。下り坂ではスピードを落としブレーキを何度かに分けて軽く刻むように踏んだ。まだ、真冬のアイスバーンには遠いが根雪となる日も近そうだ。



| | コメント (0)

2012年12月18日 (火)

再び雪になる

20121213_l1530913

午後から再び雪になる。また、白くなる。



| | コメント (0)

2012年12月17日 (月)

出口調査

20121217_dscf6894

日曜の夜、開票時間8時になった途端、選挙報道では前与党の立候補者がカタカタと急階段を勢い良く駆け上がるように当選を決め、衆議院の議席勢力図はまたたく間に塗り替えられた。

その根拠とされた出口調査、きっと調査数、年齢層、男女と実際の数へ限りなく近づくデータ収集があったのだろう。しかし、私は出口調査というものを受けたことがない。たぶん、投票所の正面玄関を利用することがなく、いつも通用口(裏口とも言う)を出入りするからかもしれない。

投票率は良くなかったが、国民の多くは前与党をともかく選択した。難題山積みの道に踏み出すことになる。


| | コメント (0)

2012年12月16日 (日)

歩いて35秒

20121213l1530879

選挙に昨日まで行くつもりはなかったのだが今朝の新聞を読んで考え直した。その記事を紹介する。

「A党の政策の方がよさそうだということだけでA党に投票するのは、果たして政治的に成熟した認識にもとづく判断といえるか」(丸山真男「政治的判断」)
政策を軽んじるのではない。ただ「全体の政治状況」を考えよと丸山はいう。
たとえば、その政策には賛成でなくともB党を伸ばし、A党を抑制しておく方が、日本政治の将来にとって望ましい。そういう投票行動も状況次第ではありうるのだと。
(朝日新聞12月16日 政治断簡「選ぶ難しさ 頭に刻む」 編集委員・根元清樹より抜粋)

日本人のこれまでの政治選択は「新しいものに期待して」「飛びつく」ということの繰り返しだったという。
「とにかく変えたい」が選挙のテーマになっているうちは同じことを繰り返してしまう。なぜなら、政策の違いに基づかない選択では、政権は変わっても中身は変わらないからだ。
耳に心地よい提案ばかりを主張して選挙に通ることと、それを現実の政治の場で実行していくことは別のこと。背景となる政治信念や政治の場での鍛錬を重視しなくては成熟はない。
(朝日新聞12月16日 読書欄 池上彰の政治の学校(朝日新書)・「変えたい」からの脱却を 清水健朗(フリーライター)より抜粋)


新しいものに飛びつくことが好きでいつまでも未成熟な私という国民はそーゆーわけで家から歩いて35秒の投票所へ足を運んだ。毛糸の帽子、縞模様のマフラー、紺色の手袋を身につけて・・。


| | コメント (0)

2012年12月15日 (土)

コンビニからの使者

20111231dscf0443_2


雨で雪が溶けそうな午後、某コンビニから二人組の使者がやってきた。このコンビニチェーン店からは以前、ボジョーレ・ヌーヴォーを1本いただいたことがある。新規開店の直後の店だったので宣伝だったのだろう。売れ残りだったがおいしくいただいた。

今回の訪問の目的は<おせち>のセールスだった。この多忙な時期にわざわざ訪問し、控えめなセールストークとチラシを置いていった。去年、注文したのでリストにあったのだろう。しかし、時はすでに遅く、正月用のおせちはすでに別へ注文を終えていた。

もっと早く訪問があったら、注文の可能性も上がっていた・・かもしれない。


| | コメント (0)

2012年12月14日 (金)

O氏の講義

20121213_l1530898

年末に近くなり身近ではないが高齢の舞台女優、歌舞伎役者、俳優といった方々の相次ぐ訃報をテレビや新聞を通して目にした。中でも歌舞伎の方はまだこれからもという年齢だった。

ラジオで長い間番組を持ち、俳優として名わき役とも言われたO氏の話を大学の講義で聞いたことがある。その中で印象に残った話が「職業は親の跡を継ぐのが一番いいのです」という言葉だった。「台湾の見事な工芸品をご覧なさい。祖父、親、子の三代かけてひとつの工芸品を作るんですよ、三代ですよ!」と俳優は例に出した。

この講義を聞いた当時、私は反発を覚えたが今はそれほどでもない。例えばカエルの子はカエル、人であればその親に資質があれば子の資質も大きいと後年思うようになった。俳優も二世が多い。政治家の世襲は政治そのものがうまくいっていないから批判を受けるが・・。

もっとも、今はそういう世襲の時代ではないことも確か。人はいつの時代でも報われる報われないに関わらず可能性に賭ける。

先の亡くなった俳優たち。彼らはいい人生を送られたとも思う。人に見られる世界で注目され、活躍し、名を成したのはひとえにその道で充分に生きることができた証。その俳優たちを周囲で支える人がいて、確かに見た我々という観客もいた。





| | コメント (0)

2012年12月13日 (木)

冬の散歩道

201212110_l1530881

冬の散歩道の途中に保育園がある。晩秋の頃、近くを通りかかったらうっすらと煙が流れており、その煙を辿ったらこの保育園の焚き火だった。この州では焚き火禁止令が発令されているのにどうして!と思ったが園児たちにはいい体験だ。内緒にしとこうと決めて通り過ぎた。

いつもは何もない散歩道、秋の終わりに白い煙の残りが漂った。





| | コメント (0)

2012年12月12日 (水)

黄色いソリ

20121210l1530855

海坂で黄色いソリを買う。ソリはプラスチックで出来ており、アオ太の遊び用となる。アオ太がいない時は雪道での家庭ゴミの運搬用になる。

凍てついた雪の夜、黄色いソリがゴミ袋を乗せて暗闇の街を滑る。



| | コメント (0)

2012年12月11日 (火)

ナガーノの林檎

20121210_dscf6796

フクミミがナガーノの知人から林檎をいただいた。ダンボールの蓋を開けると赤い林檎が一斉に顔を出した。「やっと、出れた」「うん、暗かったな」「窮屈なんだよー」「まだ、眠いのに」など様々に顔に書いてある。

ちなみにナガーノの知人は元校長先生である。当家のシェフの兄も元校長先生である。親戚にも学校の先生筋が何人かいる。先生の得意な人は先生へ、生徒の得意な私のような者は生徒になる(最初から得意はもちろんないが・・)。まあ、どちらになったとしてもミトコーモンの歌にあるように、苦難と幸せは半分ずつ配分されるように出来ている。

今回の林檎、正月にやってくるブッチ氏一家のためにとっておこうーッと。


| | コメント (0)

2012年12月10日 (月)

冬の朝

20121210l1530804

朝、まだ日が昇る前の時刻、雪が積もっていれば除雪ブルトーザーのうるさい音で目が覚める。となると防寒着に身を包み、毛糸の帽子を被り、雪かきに外に出る。車の通る道路まで除雪をするのに30分ほどだろうか。冬の朝、出かけるまでの進行は早い。



| | コメント (0)

2012年12月 9日 (日)

騒がしい雪

20121209_dscf6776

昨夜から雪になったものの、これがやたら音を出す雪で騒がしい。つまり、あまり冷え込んでいないので水分が多い。木々の枝から、屋根からと滑り落ちてはピチャッとかドサッとか音を出す。まだ、暖かい(冬期間にしては)瓦や地面なので半分は融ける。

それでも朝方には十数センチは積もり、「重い重い・」とぼやきながら私や人はスコップで雪を掬い、放るのだ。



| | コメント (0)

2012年12月 8日 (土)

大葉持ち

20121201_dscf6470

もみじもカエデも葉は全て落ちてしまった。この秋は合計5回も落ち葉を集めた。こんなによく掃除をしたことは今までになかった。おかげですっかり大葉持ちである。



| | コメント (0)

2012年12月 7日 (金)

リンゴ巣

20121205dscf6678

おとといのラ・フラン巣に続き、今日はリンゴの巣。・・うん?雲に見えないこともない。


| | コメント (0)

2012年12月 6日 (木)

理髪店海坂

20121201dscf6485



まる一日かけて低気圧が北上していく。車のハンドルを握り、いつもは海坂の市街から見える山々が低く暗い雲で見えない。

「こんな強い風の日になんでわざわざ・・」と家族に言われながら海坂へ。海坂で髪を切る午後。少ない客に「いらっしゃいませ」や「ありがとうございます」と従業員の若い声が店内に響く。そんな声を聞きながら理髪店の椅子の上はとても眠い。耳なんか掃除したら特にね・・。



| | コメント (0)

2012年12月 5日 (水)

ラ・フラン巣

20121205_dscf6597

だんだん食べごろに近づいてきた。洋梨系は最も好きな果物である。熟すと、足が速い洋梨をあわてて食べた子ども時分の印象が強い。その頃はラ・フランスなんて大層な名前の洋梨はなかった。あったのは黄色く美しく、かつ味わいのある形をした洋梨。<西洋梨>と僕らは呼んだ。

洋梨もラ・フランスが多くなった。生産者はより高く売れるものを見つけ育て、消費者は手頃でかつおいしものを求める。時代は変わる。果物もかわる。
西洋梨が郷愁色に染まってゆく。


| | コメント (0)

2012年12月 4日 (火)

気がかり

20121201_dscf6452

気がかりなことがあって、そのせいかはわからないが午前3時に目を覚ます。眠れないので、ラジオをつけたりネットを見たりするがこんな時、時間は中々進まない。

ネットで見たジェームズ・ラスト・オーケストラのクリスマスアルバムが聴いてみたい。



| | コメント (0)

2012年12月 3日 (月)

晴れた日

20121203_l1530725

晴れた日、車で粗大ゴミを有料の焼却施設へ持ってゆく。一度降った雪は跡形もなくなり、山だけが白い。冬がこんないい日ばかりだったら、気分もいいのだろうがあの灰色で日の射さない冬のことだ。オーウ山脈は大量の雪雲を山に留まらせる。巨大なブルトーザーがあったら雲の通りがよくなるように山々を削るのだが・・。

焼却施設へは2度、粗大ゴミを運んだ。焼却施設で10kgにつき00円の料金を支払うと、受付の女性が「お気をつけてお帰りください」と言った。晴れた日のドライブとなった。


| | コメント (0)

2012年12月 2日 (日)

グアテマラ

20121201_dscf6427


グアテマラ(コーヒー豆)を飲みながら雪を見ている。グアテマラ、中南米の国。火山培地の土壌で育ったコーヒーは酸味があり、ほんのり土の香りがする。この国を想像する手がかりとしての珈琲の香りだ。





| | コメント (0)

2012年12月 1日 (土)

初雪

20121201_dscf6340

ようやく雪になった。初雪である。まだ、細かな冬支度は残っているが少し休める。



| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »