« 予防接種 | トップページ | 雹の音 »

2012年11月14日 (水)

百田尚樹『影法師』

20121108_l1530435

百田尚樹『影法師』(講談社)を読んだ。百田と言えば文庫で読んだ『永遠の0』が記憶に新しい。『永遠の0』は戦争中のゼロ戦乗りを題材とし、資料を良く読み込んだ作品に仕上がっていた。

そして、今回の『影法師』は著者初の時代ものである(たぶん・・)。しかしながら、この小説の主人公たちや設定はどこかで読んだ名作と言われる時代ものを想起させるだけで独自な色はない。つまり、新鮮味は少ない。が、百田が持つ視点(作風と言ってもいい)は感じさせる小説になっている。

感心したのは米作りにおける単位(数字)の説明。反、歩、坪、石の意味がよくわかる。また、武士の刀の作法も知ることができた。

時代ものという条件があって、それを突き破ってきた作家も多い。次に書く百田の時代小説により期待したい。



|

« 予防接種 | トップページ | 雹の音 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 予防接種 | トップページ | 雹の音 »