« 低気圧 | トップページ | 枯れ葉 »

2012年11月 9日 (金)

ジュピター

20121108dscf5662

低気圧の強い風で木々の枝は揺れ、木の葉がワサワサと音を立てた。つまり、冬支度が出来ないのでデッカ録音のカラヤンでモーツァルトの<ジュピター>を聴いた。

カラヤンは1908年生まれなので、この録音が行われた1963年は55歳頃となる。オーケストラはウィーンフィルである。デッカの録音もいいので目が醒めるような音がする。覇気ある若い時代から後のベルリン・フィルへの途上にあるカラヤンの熟年というよりは壮年の輝きを聴くことができる。

モーツァルトを聴くことはバッハやベートーヴェンに比べれば本当に少ない。ベートーヴェンの曲が「これでもかアー」と啖呵を吐いている大工だとしたら、モーツァルトのそれは「あなた、あたしを追いかけてこれるかしら、ウフッ・・」とスルリと身をかわし逃げる少女のようである。だから、モーツァルトの曲はなかなか捕まえることができない。

冬支度の前のいい休息となった、・・ウフッ。





|

« 低気圧 | トップページ | 枯れ葉 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 低気圧 | トップページ | 枯れ葉 »