« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月30日 (金)

40周年

20121125_dscf6090

松任谷由実の40周年記念アルバム<日本の恋と、ユーミンと。>が10日前に届き、冬支度の合い間に聴いている。深夜ラジオから流れる曲で彼女を知り、よく聴いたのは学生時代だった。<ひこうき雲><MISSLIM><THE 14th MOON><流線型’80>といったアルバムが中心で、最後に聴いたアルバムが<PEARL PIERCE>だった。彼女のデビューアルバム<ひこうき雲>が73年で<PEARL PIERCE>が82年だから、10年近いひと時代聴いていたことになる。

<MISSLIM>は色んな場面で記憶に残る。学生時代、友人であるSのアパートを訪ねるとある時期、決まってこのレコードを聴かせてくれた。<MISSLIM>、ジャケットにモノクロ写真を使い、グランドピアノの前にドレスを着た女性が上半身を少しばかり斜めに椅子に座る。その女性が―確か呉服屋の娘で、美大に通い日本画を専攻したという―荒井由実だった。片や静岡のとある市にある老舗の菓子屋、その次男坊に生まれ、大学では演劇専攻の友人Sはキース・ジャレットの<ケルン・コンサート>をレコードで聴かせてくれた時と同じように「ねぇ、○○クン、これいいでしょ」といつも私に同意を求めた。

或いは、当時学生の分際で(自宅から通学しているので余裕がある)車を持っている友人に乗せてもらい港のある街をドライブし、<MISSLIM>に出てくる有名なレストランへ案内してもらったりもした。

やがてSや私、多くの友人たちは学生時代に別れを告げ、社会人になる。知っての通り、私や友人たちは希望の仕事に就けたり就けなかったりし、やがて仕事仕事の毎日を送るようになる。お互いの結婚披露宴を除いては次第に会うことも少なくなっていく。まあ、社会人になると、たいがいそんなものだ・・。

話を戻そう。荒井由実はある日松任谷由実となり、スキー場をはじめ時代の色も帯びて曲も変わってゆく。個人の思いや感傷、あこがれといったものから、よりふつうの女性の立場にたった共感や応援といったものへ。時にアジアや最先端のモードを身に纏ながら。そういえば、FMラジオのパーソナリティもやっていたしね。


今回の記念アルバムにはおまけでプロコル・ハレムの<青い影>が入っている。松任谷にとって、忘れられない大事な曲だったのだろう。当時、私はこの曲を布団の中でよく聴いた。深夜ラジオから流れる静かで熱いこの曲を耳にしながら、カーテンから洩れて部屋に射す月の光を眺めた。

この40周年記念アルバム。知っている曲は3分の1くらい。明るく音場が広く、聴きやすい音づくりがされている。なつかしくもあり、はじめて聴く新しさもあり。



| | コメント (0)

2012年11月29日 (木)

三度目の掃除

20121128dscf6249

落ち葉の掃除も三度目となった。一度取りかかると丸一日かかるので、3日間かけたことになる。けれど、まだ落葉樹の枝には葉がいくらか残っているので後一度の落ち葉掃除は天気か気分次第でやるやらないを決めようと思う。いっそのこと雪になったら諦めもつくのが・・。

昨夜は月食を見る元気もなく床に就く。背中が重苦しい、疲れが溜まっている。



| | コメント (0)

2012年11月28日 (水)

風の翌朝

20121127_l1530718

「ひゃー、それにしても凄い風だったな・・」
強い風が二日続いてようやく納まった朝、クモはやっと安心し胸を撫で下ろした。
しかし、隣りの枝にぶら下がっていた友だちはいつの間にか姿を消していたので
複雑な気持ちも半分あった。
こっちも枝にくくりつけられたヒモが取れないかヒヤヒヤのしっぱなしだったし・・。
自分を制作した子どもは回収に来る気配もない。
「このまま雪かな」とクモは思った。



| | コメント (0)

2012年11月27日 (火)

すき間を塞ぐ

20121107l1530311

暴風とまではいかないが強い風だ。昨夜は風のせいでよく眠れなかった。今日は朝から雨とヒョウが交互に何度も降った。

そこで、家のすき間塞ぎの続きをやる。空いている縁の下にはシートを切り、張り、留める。揺れるガラス戸の上下には新聞紙を折り、詰める。サッシ戸も古いので冷たい風が入る。これも同様に塞ぐ。たくさんの新聞を折ったおかげで手のひらはインクで黒くなる。

黒くなる。・・黒く塗れ!Paint it Black!ストーンズだ!


| | コメント (0)

2012年11月26日 (月)

黄葉からチェコ

20121125dscf6185

庭に咲く桜ともみじが黄葉になり、今まさに終ろうとしている。新聞によると秋になり気温が下がると、葉緑素が分解され、カロチノイドという黄色い色素が増えるとある。ちなみに、赤くなるのはアントシアニンが増えるそうだ。

秋にチェコを旅したことがある。プラハの郊外をバスで走ると黄葉がよく目に入った。あれはヴィシェフラドへの途中だったろうか。スメタナが作曲した<我が祖国>の第一楽章はヴィシェフラド(高い城)を題材にしていると言われている。ハープの旋律がとてもきれいな曲である。ヴィシェフラドの眼下にはドナウ川が穏やかに流れ、荷物を積んだ大きな船が往来するのが遠くに見えた。城の古びた城壁の隙間に咲く赤い花も印象的だった。

その旅行でバス移動の時間が長かった時、ツアー添乗員が気を利かせて日本から持参したカセットで<わが祖国>を流そうと試みた。ところが、その時乗ったバスにカセットがなかったか或いは故障中で体よくドライバーから断られた。添乗員の気くばりのひとつが駄目になり、バスの窓には秋の陽光を浴びた黄葉が流れていった。そんな黄色い旅の記憶だ。



| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

タイヤ交換

20121125dscf6198

天気予報では山に雪だと言う。そこで冬支度の最中、タイヤの交換をした。昨年は腰を痛め出来なかったのでリベンジである。午後から久しぶりに太陽が顔を見せ、路上も乾いた。

タイヤ交換、スタンドでやってもらえば楽なのだが自分でやると見えてくるものもある。今回は工具、ジャッキをはじめ車に備品がつく。その備品、国が違うとやはり考え方や仕様が異なる。どちらに軍配を挙げるかは使う私であーる、エヘン。


| | コメント (0)

2012年11月24日 (土)

オーダーメイド

20121116l1530639

これからの冬、床からの寒気があまりに激しいので床下の換気口を発砲スチロールで塞いだ。巻尺で換気口を計るとサイズが結構違う。古い家なので何十年にも渡る増築の度に変わっていったのだろう。なので、換気口ごとに合わせて発砲スチロールをカット。つまり、オーダーメイドである。

難点は基礎であるコンクリートのグレイに発砲の白が合わないこと。しかし、これぐらいは許すとしよう。



| | コメント (0)

2012年11月23日 (金)

ケーキの予約

20121123dscf5827

本日の新聞に折り込まれた当店のチラシをご覧の皆さま・・
あとひと月ほどで今年も楽しい(うふッ)クリスマスがやってきます
当店オリジナルの☆マークがついたケーキは(残念ながら)台数限定です
ひょっとするとアッという間に無くなってしまうかもしれません
そうならないためにも、今すぐお電話か店頭でのご予約が
オススメです


私はつぶれて切りにくいミルフィーユはやめて(実は毎年のことだが)モンブランのクリスマスケーキを予約。予約番号を間違わないように控えると受話器を置いた。クリスマスには雪が降りますように・・。


| | コメント (0)

2012年11月22日 (木)

目の敵

20121107dscf5532

目の敵は極力持たないようにしているのだが、冬支度では唯一、松の落ち葉がそれにあたる。江戸時代のかんざしのような先の尖ったあれである。風に飛ばされた松葉はこれ以上ないくらい上手に屋根瓦に引っかかっているのだ。取り忘れた年があったりすると、松葉は天ぷらせんべい一丁上がりーといった感じで雪留めや雨どいを塞いでいる。

もう、こうなったらこちらも維持である。屋根じゅうの松葉を1本残らず拾ってやった。毎年、これをくり返す。



| | コメント (0)

2012年11月21日 (水)

シャベル

20121121_dscf5929

雨やヒョウといったぐずぐずした天気が連日続いている。シェフの庭には置き忘れられたシャベル。文句も言わないおとなしいシャベルである。

外の仕事で疲れてやたらと眠い。何もしないで一日を過ごした。


| | コメント (0)

2012年11月20日 (火)

冬の甘酒

20121107_dscf5535

シェフが炊飯器で麹を一晩寝かせて、<甘酒>をつくった。ピーナッツ州で暮らしているメイ・ヨークに送るためだった。ついでというか、そのおこぼれを飲んだわけだ。

悪天候の合い間を縫って冬支度をし、その疲れた体に<甘酒>はいい。少し元気になる。



| | コメント (0)

2012年11月19日 (月)

強い風が吹いた

20121119_dscf6003

強い風が吹いた翌日、まる一日かけてこの秋2度目となる落ち葉の掃除をした。そこで、見つけたのが鳥の巣。小枝の次に使われていたのはビニール紐の切れ端だ。シェフが畑でよく使うので鳥も自然に使うことになったようだ。この巣はたぶん、スズメ。家の屋根瓦の下に出入りするのをよく見かけていた。

風で巣を失った彼らは引越しをする?或いは新たな巣を作る?巣ならまたビニール紐をたくさん利用する筈だ。シェフが白以外の紐を畑で使えばカラフルな巣が瓦の下にできる。スズメはふた家族はいるのでどっちの巣が魅力的かをたぶん・・・競い合う。


| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

アッシジの柿

20121113_dscf5904



毎日、柿をひと粒かふた粒食べている。アルコールで渋みを抜いた平たい種なしの柿である。そういえば、何年も前、イタリアのアッシジで柿の木を見かけたことがあった。昼食のレストランがある街中へ裏道から入る途中に柿の木があった。秋だったのでうまい具合に実がついており、すぐに柿だとわかった。ツアーの同行者たちは「柿だ、柿だ」と口にした。

海外に柿はないと耳にしたことがあるがイタリアには少しある。秋、夕焼けでアッシジの街がピンク色に染まる頃、柿も一緒になって赤く染まっていることだろう。果物の色が周囲の風景に溶け合って馴染み、記憶に残ってゆく。

もう、冬がすぐそこだ。



| | コメント (0)

2012年11月17日 (土)

確率

20121116_l1530657

冬期間だけになるがパイプの車庫は長いこと使っている。もう、15年は過ぎている。車庫から道路まで距離があると雪かきは大きな負担となる。それを半減しようと今年も半日かけてパイプ車庫を建てた。最後にテントを張ろうとした頃に虹が出た。しばし、手を休めて虹を見た。

晩秋から初冬へのこの季節、雨が多かったせいかよく虹が出た。最近、虹を見る確率はとても高い。以前も書いたことがあるが虹を見ると得した気持ちになる。トクシタ、トクシタ・・。





| | コメント (0)

2012年11月16日 (金)

のぼうの城

20121114l1530585

映画<のぼうの城>は主役が生かしきれていない。確かにうつけな大将のぼうに野村萬斎は適役だし、小船の上での踊りもたいしたものである。けれど、足りない足りない。それは脚本なのか、キャラクター設定なのか、道化の表現における難しさなのか。

道化と言えば・・。黒澤明の映画『乱』(1985年)はシェークスピアの『リア王』を下敷きとしていたが、リア王にあたる武将に仕える能(狂言?)役者役でピーターが出ていた。だが、あの役はいただけなかった。面白みがまるでなかった。

今回の<のぼう>は単なる道化という添え物ではなく主役なのだから、より内面を見せる角度や深みも欲しい。

一方、のぼうの部下にあたる武将、佐藤浩市は冒頭の馬上から合戦まで充分に存在感を見せつけた。佐藤浩市がいなかったらこの映画、どこがいいの?くらいの活躍と言えた。

映画はともかく役者でできている。



| | コメント (0)

2012年11月15日 (木)

雹の音

20121115_l1530578

一昨日ぐらいからアラレや雹が降りはじめている。降ってきた雹は屋根や塀や路上のアスファルトを叩くとその反動で跳ね、まわりに散らばる。キッチンのガラスへもコツンと体当たりだ。

トタン屋根はいいよ。雹のぶつかる音がもろに聞こえる。自然の音がつぶさに感じられる。

今月あるかどうかはわからないが次に天気が回復したら、再び枯れ葉を掃除しようと思う。



| | コメント (0)

2012年11月14日 (水)

百田尚樹『影法師』

20121108_l1530435

百田尚樹『影法師』(講談社)を読んだ。百田と言えば文庫で読んだ『永遠の0』が記憶に新しい。『永遠の0』は戦争中のゼロ戦乗りを題材とし、資料を良く読み込んだ作品に仕上がっていた。

そして、今回の『影法師』は著者初の時代ものである(たぶん・・)。しかしながら、この小説の主人公たちや設定はどこかで読んだ名作と言われる時代ものを想起させるだけで独自な色はない。つまり、新鮮味は少ない。が、百田が持つ視点(作風と言ってもいい)は感じさせる小説になっている。

感心したのは米作りにおける単位(数字)の説明。反、歩、坪、石の意味がよくわかる。また、武士の刀の作法も知ることができた。

時代ものという条件があって、それを突き破ってきた作家も多い。次に書く百田の時代小説により期待したい。



| | コメント (0)

2012年11月13日 (火)

予防接種

20121110l1530445_2



インフルエンザの予防接種をした。この時期、町の小さな医院にくるのは風邪か予防接種の人が大半。自身に関して言えば予防接種のおかげでここ何年、重い風邪をひいていない。

子どもの頃、風邪をひくと果物が与えられた。熱で食欲は落ち、ご飯が無理となると当時は高価なバナナやすりおろしたリンゴが出た。すりおろしたリンゴは冷たく甘く、酸化して茶色になる前にすばやくスプーンで口に運んだ。

風邪で熱があると辛かった。熱にうなされた時、天井が迫ってきて自分が押しつぶされそうになり恐怖だった覚えがある。よほど怖かったのだろう。快復した後、私は家族を掴まえては「天井が、天井が!」と話した。

後年、大人になってからは熱が出ても天井に押しつぶされることはなくなった。・・だから残念!などとはこれっぽっちも思わない。迫る天井は今でも見たくはないのである。



| | コメント (0)

2012年11月12日 (月)

雨の印象

20121112l1530540

傘を持たずに車に乗った。目的地に着いたが雨足が強くなり、なかなかドアを開けることができないでフロントガラスから外をしばらく眺めた。それほど寒くない朝。ラジオからは国会での質疑が中継され、「レアアースの中国依存が高すぎたんですよ」と質問者は総理に声を高める。

ベネチアでは大雨が街を浸す。一方、砂漠では原油が炎を上げ、タンカーに乗せられた原油は攻撃を警戒しながら狭い海峡を進む。そして、イナカーナの窓の外では枯渇する地球に今日も雨が降る。


| | コメント (0)

2012年11月11日 (日)

パズル

20121107_l1530157


なんて簡単なパズルだ。しかし、遊んでいる時間はない。引き続き、冬の支度をする。今日は庭木が雪でつぶれないように竹で支えをする。雪吊り?無理でしょ。




| | コメント (0)

2012年11月10日 (土)

枯れ葉

20121107l1530269

やっと晴れ、一日かけて枯れ葉を集め、掃除をする。熊手でかき集め、竹ほうきでかき出し、大きな塵取りに取り、コンテナに詰める。コンテナが一杯になったら両足で乗り、上から葉を押しつぶす。コンテナを何度も満杯にし、畑に運んだ。

枯れ葉の形がいいの、色がいいのと味わう余裕はまるでない。そんなものである。



| | コメント (0)

2012年11月 9日 (金)

ジュピター

20121108dscf5662

低気圧の強い風で木々の枝は揺れ、木の葉がワサワサと音を立てた。つまり、冬支度が出来ないのでデッカ録音のカラヤンでモーツァルトの<ジュピター>を聴いた。

カラヤンは1908年生まれなので、この録音が行われた1963年は55歳頃となる。オーケストラはウィーンフィルである。デッカの録音もいいので目が醒めるような音がする。覇気ある若い時代から後のベルリン・フィルへの途上にあるカラヤンの熟年というよりは壮年の輝きを聴くことができる。

モーツァルトを聴くことはバッハやベートーヴェンに比べれば本当に少ない。ベートーヴェンの曲が「これでもかアー」と啖呵を吐いている大工だとしたら、モーツァルトのそれは「あなた、あたしを追いかけてこれるかしら、ウフッ・・」とスルリと身をかわし逃げる少女のようである。だから、モーツァルトの曲はなかなか捕まえることができない。

冬支度の前のいい休息となった、・・ウフッ。





| | コメント (0)

2012年11月 8日 (木)

低気圧

20121027l1530034

夜明けに雷が鳴った。低気圧が通ると言う。そこで、枯れ葉は戦闘モードに突入することにした。


| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

午後の2時

20121107l1530312

町外れで虹に遭遇し、写真を撮ろうと思い農道に入ったものの、すでに虹は薄く消えつつあった。ハクチョウはそんな虹のひとつやふたつ、てんでお構いなしで田んぼで食事中。小さなエサばかりなのでハクチョウも時間をかけ量をこなさなければならないのだろう。


| | コメント (0)

2012年11月 6日 (火)

ハロウィン

20121104dscf4784

ハロウィン。例のオレンジ色のカボチャのお化けのようなもの。朝日新聞の<天声人語>でハロウィンが定着したようだとか書いていたが果たしてどこに定着したのか。もっとも、街に出かけることもなかったし、ハロウィングッズを売る雑貨やもないし・・。知らない内にハロウィンは通り過ぎていた。ともかくイナカーナではハロウィンの“は”もなかったのである。




| | コメント (0)

2012年11月 5日 (月)

お風呂を洗おう

20121104_dscf4828

きのうの疲れが残り、何もやる気が起きず一日グダグダと過ごした。晴れ間が覗く曇りの日だった。少しだけ音楽を聴いた。夕方、早々と暗くなると恋しくなるのはお風呂。洗おう、水を入れよう、沸かそう。

そして、冷蔵庫には本物のゆず。ゆず湯にしよう。



| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

貴重な一日

20121104dscf4704

雨の日が何日も続いて、ようやく晴れ間が少しだけ顔を出した。まずは家の外まわり、エアコン4台の室外機をシートで覆い、冬の風に耐えられるようにヒモで巻く。次に梯子を屋根にかけ雨どいに溜まったゴミや葉を掃除。すぐに昼になる。

昼食はカレーライス(ライスカレーとも言う)、昨日よりカレーはおいしくなったいた。午後、二階の窓ガラスを拭く。道路に面している窓ガラスなので、人通りのない休みの日に拭くことが多い。バケツに水だと床を汚すので絞ったタオルをたくさん用意して窓ガラスを拭く。ガラスの外側は窓下の屋根に降りて拭くのだが今日も命綱はなしだ。同じガラスを3回拭いて完成した。

その後、屋根に近い木々の枝を何箇所も切る。その理由は後日。午後4時に本日の作業は終了。早くも暗くなりそうだ。夕飯までラウテンバッハーのヴァイオリンでバッハの無伴奏を聴く。ラウテンバッハーのヴァイオリンはとても素直な音を出す。けれど、半分は寝ていた。

雪が降るまでの天気がいい日はイナカーナにとってとても貴重な一日になる。イナカーナではそんな日は何日もない。そう、思い出した。去年はこの時期に屋根全ての雨どい修理を頼んだので紅葉を見にいくことができなかった。疲れた。早く寝よう。





| | コメント (0)

2012年11月 3日 (土)

オクラ目薬

20121103_dscf4707_2

ドライアイ暦は長い。何年か前、年末の繁忙期に目がゴロゴロし、苦しくなり、開けていることが出来なくなった。以来、ドライアイ用の目薬が欠かせない。

ところが最近、新しい目薬が開発され目の乾きを改善、視力を快復させる確率が高いとあった。先日のドックでの視力検査では両目とも0.3だったのでそれならばと期待してしまう。

どうやらネバネバがいいらしい。さすれば<オクラ目薬>の誕生である。


| | コメント (0)

2012年11月 2日 (金)

面倒なこと

20121025_l1520948

昨日、来年の年賀状の写真原稿をパソコンで作った。冬になると日が少なく、かつ自然光では色も変わるので素材となる写真を撮り、それに最低限の加工をし文字を入れた。そのまま最終原稿になるので、後は色校正を経てプリントになる。

写真の隅に文字を入れるので例年、希望通りに校正は上がらず再校正になる。写真と文字原稿が別ならうまくいくのだろうがネット上の無料ソフトではこれがせいぜいだ。なので、せいぜいのなかでベストを尽くし、校正で妥協点を探る。相手(校正やプリントする方)も年末の繁忙期に面倒な客だが、まあ客とは仕事とはそんなものである。

面倒をテキパキと片付けられなくなると、仕事も辛くなるから気をつけよう。



| | コメント (0)

2012年11月 1日 (木)

11月のダリア

20121101_dscf5340

また雨が降っている。今朝は起き抜けに部屋の白いブラインドを開け、ラジオ体操をした。

朝、シェフが庭からダリアを取ってきた。こんな時期にと思ったが霜が降りる頃まで咲くらしい。暗い室内に誰アである。



| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »