« 祭りの朝 | トップページ | 夏の終わり »

2012年9月16日 (日)

棒タラコトコト

20120914_dscf0846


もう、祭りに来客を招くこともなくなり3年になる。かつては何品も料理を作りお膳にしたが、年齢と気力でそれも叶わなくなった。加えてこの残暑である。そこで、シェフは祭りに合わせ棒タラだけを作ることにした。

<棒タラ>の作り方
まず、準備として乾燥した<棒タラ>をたっぷりの水を入れた鍋に2日間ひたす。この間、3度水を取りかえる。そして、ようやく調理に入る。
①棒タラを水できれいに洗い、たっぷりの水を入れた鍋に入れ、火にかける。
②水が沸騰する前に火を止め、お湯を捨てる。
③棒タラを水(手で)で洗い、再び鍋に水、身が崩れないないように中火で煮る。
④酒たっぷり、砂糖少々、しょうゆ少々を入れ、弱火にしてコトコト2時間煮る。水が不足したら足し、2時間で火を止める、ストップ。

翌日
⑤再び、煮る。味を見て砂糖、しょうゆを加える。中火でコトコト2時間位煮て、身や骨の柔らかさ(煮え具合)を見る。火を止め、休める。
⑥半日置いて、再びコトコト煮る。この間、水が不足したら、水を足す。味を調える(あっさりでは物足りない、濃すぎるとくどくなる)。
⑦最後に、弱火でコトコト一時間煮て、味を見る。

ふぅー、やっと、できた。鍋の底には茶色の煮汁、それに浸った棒タラが並んだ。こんな、暑いのによく作ったものだとシェフは思った。祭りのご馳走の完成である。ちなみに棒タラの煮汁でナス(皮をむいた)を煮ると、もう一品、料理が増えるのだ。

20120916_dscf0895

|

« 祭りの朝 | トップページ | 夏の終わり »

④ フクミミ家 食卓の風景」カテゴリの記事

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祭りの朝 | トップページ | 夏の終わり »