« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

タイフーンの前に

20120927dscf1688

タイフーンの前に窓に下げたすだれを外す。午後、車にガソリンを入れるためスタンドへ。シェフは風で飛ばされるものがないか家の周囲を点検する。うす暗い雲、今は風が止んでいる。裏玄関の袋の中で川ガニがプツプツ文句を言っている。





| | コメント (0)

2012年9月29日 (土)

赤い実を鳴らした

20120927_dscf1684

ほうずき、子ども時分に鳴らして遊んだ。まず真っ赤に熟した実を選び、よく揉む。中の実を取り出しやすくするためだ。次につまようじで中味を慎重に取り出し、水で外も中も洗う。これで完成。空気を入れ丸くしたほうずきを舌の上に乗せる。そして、口をすぼめて息を出す。

今は亡き姉と、どちらががうまく吹けるかを競い合った。遠い夏の終わり。


| | コメント (0)

2012年9月28日 (金)

劣化

20120927dscf1850

ドイツ在住の方から購入した未開封のレコードボックスを開けたら、一番上に乗っていたスポンジが駄目になっていた。このレコードが発売されたのは1970年代の終わり頃なので三十数年の時をかけてスポンジは劣化したことになる。触れるとちぎれ、少しだけベトつく感じがあった。

スポンジは劣化したが、遺された音楽は今も夜な夜な輝く。カラヤンのベートーヴェンである。




| | コメント (0)

2012年9月27日 (木)

梨のつぶて

20120927_dscf1712

「おーい、いくらでも投げていいよ」、からかうようにボクは叫んだ。背中にブローブを隠しているのを敵は知らない。



| | コメント (0)

2012年9月26日 (水)

初ススキ

20120925dscf1639

シェフがススキを立てた。蚊に食われたがススキを立てた。



| | コメント (0)

2012年9月25日 (火)

なごりの雲

201209152dscf0883

一気に気温が下がり、秋の空気になった。あまり、寒いのでストーブを出す。そうか、10月中旬並みの気温だとこうなるのか・・。



| | コメント (0)

2012年9月24日 (月)

簾戸をしまう

20120923_dscf1375

簾戸をしまう。古い家なので踵でトントン敷居を踏んでふすまをはめる。開放的な空間がなくなり、部屋は区切られた。

風呂を洗う。夏はシャワーを日に3度は使った。急に肌寒くなった。ふた月ぶりにお湯に浸かろう。そして、ヒヨコを浮かべよう。



| | コメント (0)

2012年9月23日 (日)

重箱が届く

20120922dscf1352

音楽の入った重箱が届いた。グールドのバッハである。最近のボックスはレコード発売当時のジャケットをそのままCDサイズで復元するという“クスグリ”を備えていることも多く、今回のグールドもその例に洩れない。

1955年、22歳で録音した<ゴルトベルグ変奏曲>からグールドのバッハは始まる。それはリズミカルで若さに溢れ、生きのいいグールドの演奏だ。1982年、50歳で亡くなる前の年に録音された同じ<ゴルトベルグ>はとても深い色あいを見せる。聴くこちら側の気持ちの状態は82年の演奏でより強く反応する。最初のアリアから最後のアリアに至る心の旅である。

かつてないような残暑が終わり、急に寒くなり開いていた窓を閉めた。音楽を音楽として聴ける季節に入る。


| | コメント (0)

2012年9月22日 (土)

秋の彼岸

20120922_dscf1091

彼岸の朝、シェフは畑に出ると百日草、赤の鶏頭、もって菊、彼岸花、そしてコスモスを鋏で切ると背たけ、量、色のバランスを見て二束に分け、水の入ったポリバケツに入れた。今年は店で花を求めずに自分の畑にある花で間に合わせることができた。

朝食を済ませたら、墓参りへゆこう。


| | コメント (0)

2012年9月21日 (金)

葡萄売り

20120919_dscf1080


州庁舎の駐車場に見知らぬバスが停まっているのを見ながら帰宅すると、キッチンのテーブルに葡萄の<巨峰>がひと房、置かれていた。

シェフが言うには農業高校の生徒が二人やってきて葡萄を売りにきたと言う。よく見ると葡萄は小さな茎が二箇所離れてパックに入っていた。たぶん、果樹栽培の実習で売り物にならなかった葡萄をパックに入れての訪問販売だったのだろう。見知らぬバスは彼らの高校所有のバスだったのだ。玄関に現れた高校生に対応したシェフは「家には葡萄の木が・・」と口に出しかけたが、快く購入した。

見つけてすぐに食べた葡萄の果肉は口中を甘ーく満たし、「葡萄を売ったお金はいったい何に使う?」という下世話な疑問をはるか遠くに追いやった。


| | コメント (0)

2012年9月20日 (木)

潤う

20120920_l1520346

夏以上の暑さの後に雨がやっと降った。夕飯のコロッケはきっとおいしい。



| | コメント (0)

2012年9月19日 (水)

映画<天地明察>

20120918_l1520337

本屋大賞の原作は読んでいなかったが、なにせこの暑さである。35℃を越える暑さ対策には映画館の暗闇と冷房と椅子である。

この映画、とても丁寧に作ってある。碁打ちで算術にも秀でた安井算哲(岡田准一)が会津藩主の命を受け土地を計測し、後、暦の正確性の真偽を競う様を描いている。出てくる小道具、道具がよく再現され、江戸時代の算術の世界を見事に映像化したことは高く評価できる。しかも、算哲の試行錯誤や度重なる試練が算哲の妻えん(宮崎あおい)との絆とも合わせストーリーが進められている。

“北極出地”という土地の緯度を計測する旅が面白い。算哲の上司として旅を共にする武士、笹野高史と岸部一徳のコンビの仕事ぶりが見もの。旅の出だしの膝を高く上げながらの歩数計測からして笑いを誘う。算哲の碁のライバルである本因坊、算術のライバル・関孝和(日本史の教科書に出てきた)、算哲の師、会津藩主、水戸光圀といった登場人物それぞれの気概ある生き方を見るといい。教科書より一遍の映画だ。苦難を乗り越え成長する若者の姿がある。

といいことずくめなのだが今ひとつ迫るものがない。京都の公家が類型的だったり、見えない敵が不明瞭だったり、藩主や光圀はりっぱなキャスティングなのだが・・やはり足りない。

思うに、すべて過不足なく描いたことで安全で健全な青春映画になってしまった。人の成長に欠かせない毒が欲しい。


| | コメント (0)

2012年9月18日 (火)

フクミミと麺

20120917_dscf0957

フクミミが昼食用にインスタントの乾麺をゆではじめた。お湯は少なく、まだ煮立たないうちに麺を入れ、ゆで加減はその時次第。調理の説明書きを読むこともない。

フクミミはゆで具合を見ると麺をザルに入れ、お湯を切り、水で洗った。冷やして食べるためだ。水切りをして手早く大きめの皿に麺を盛ると、付け合せの野菜を加えることもなく、水で割ったスープに麺つけ、口にした。・・誰も知るように熱いラーメン用の麺と同じく熱いラーメンのために付けられたスープを冷たくして食べることはしない。

夏半ば、こんな昼食を何度もくり返した後、フクミミはついに「まずい!」家族に漏らした。


| | コメント (0)

2012年9月17日 (月)

夏の終わり

20120915dscf0876

夏の終わりを毎日待っているのだが、敵はまだまだしぶとい



| | コメント (0)

2012年9月16日 (日)

棒タラコトコト

20120914_dscf0846


もう、祭りに来客を招くこともなくなり3年になる。かつては何品も料理を作りお膳にしたが、年齢と気力でそれも叶わなくなった。加えてこの残暑である。そこで、シェフは祭りに合わせ棒タラだけを作ることにした。

<棒タラ>の作り方
まず、準備として乾燥した<棒タラ>をたっぷりの水を入れた鍋に2日間ひたす。この間、3度水を取りかえる。そして、ようやく調理に入る。
①棒タラを水できれいに洗い、たっぷりの水を入れた鍋に入れ、火にかける。
②水が沸騰する前に火を止め、お湯を捨てる。
③棒タラを水(手で)で洗い、再び鍋に水、身が崩れないないように中火で煮る。
④酒たっぷり、砂糖少々、しょうゆ少々を入れ、弱火にしてコトコト2時間煮る。水が不足したら足し、2時間で火を止める、ストップ。

翌日
⑤再び、煮る。味を見て砂糖、しょうゆを加える。中火でコトコト2時間位煮て、身や骨の柔らかさ(煮え具合)を見る。火を止め、休める。
⑥半日置いて、再びコトコト煮る。この間、水が不足したら、水を足す。味を調える(あっさりでは物足りない、濃すぎるとくどくなる)。
⑦最後に、弱火でコトコト一時間煮て、味を見る。

ふぅー、やっと、できた。鍋の底には茶色の煮汁、それに浸った棒タラが並んだ。こんな、暑いのによく作ったものだとシェフは思った。祭りのご馳走の完成である。ちなみに棒タラの煮汁でナス(皮をむいた)を煮ると、もう一品、料理が増えるのだ。

20120916_dscf0895

| | コメント (0)

2012年9月15日 (土)

祭りの朝

20120914dscf0856

祭りの朝 わたしは
熱い麦茶 のみほし
配るための 赤飯
引き取るため 出かけた

これ以降の歌詞はあまり蒸し暑くて考えられない。ちなみに、口ずさむ時は<別れの朝>のメロディで・・。



| | コメント (0)

2012年9月14日 (金)

空に星があるように

20120913_l1520257

空に星があるように、路上にリンゴがありました



| | コメント (0)

2012年9月13日 (木)

縄張り

20120913l1520280

祭りを数日後に控えた神社の境内に紐が張り巡らされ、区割りごとに番号札が結わえられた。お面屋、金魚屋、おもちゃ屋、飴屋たちはその区割りの中で祭りの間、店を出す。

縄張りの確定である。


| | コメント (0)

2012年9月12日 (水)

にわか雨

20120911_l1520238

真夜中に雨がトタン屋根を叩き、目覚めた。強めの雨だったので開いている窓を閉めようか悩むが、窓の遠さを理由に眠りを優先した。

にわか雨、にかわ雨、三河飴、三度も言えない。


| | コメント (0)

2012年9月11日 (火)

セミの終わり

20120908_dscf0798


あれほど騒がしかったセミの鳴き声が聞こえなくなった。最後の一匹は何を思って木から落ちただろうか・・。


| | コメント (0)

2012年9月10日 (月)

かき氷

20120908dscf0800

今年の夏は外出してかき氷を食べることがなかった。それにアイスクリンも。小さい子がそばにいないと冷たいものを外で食べる機会が少なくなる。それに、海水浴にも行かないようになる。ほどほどに、まあ、つまらないか・・。



| | コメント (0)

2012年9月 9日 (日)

フクミミのパンツ

L1520095

パンツと言っても下着のパンツのことだ。近年、高齢者フクミミに異変が起きた。今まで何不平なく愛用していた白い綿のブリーフに変え、トランクスタイプのパンツをと言い出したことがあった。

これは推察なのだが、フクミミが泊りがけの催しに出かけたとする。例えば、かつてのトラ仲間との温泉での宴会。早々に旅館に到着した高齢者のトラたちは宴会前の風呂に連れ立って入る。脱衣場で洋服を脱ぎ下着姿になったフクミミはここではじめて何かおかしいと気づく。よーく見ると他の高齢者たちは皆、模様入りの若者が穿くようなトランクスを穿いている。自分だけが白い綿のいかにも古臭いブリーフを穿いていると知るのである。

温泉から帰ったフクミミは早速トランクスを買いに家族を店に走らせた。りっぱで派手で若々しく見える、他のどの高齢者にも負けないトランクスを・・。



| | コメント (0)

2012年9月 8日 (土)

九月のアサガオ

20120907_dscf0810_2

朝晩、涼しくなりはじめてから裏庭のアサガオが盛んに咲きはじめた。秋好きのアサガオなのだろう。



| | コメント (0)

2012年9月 7日 (金)

フクミミ 最後の旅

20120903_dscf0615

フクミミは茶色の靴クリームをたっぷり3センチほどもチューブから絞り出すと、靴にブラシで塗りはじめた。大量の靴クリームで厚化粧の感は拭えなかったが見事な茶色となり、フクミミは満足そうに靴みがきを終えた。

在職中、フクミミは家族に靴を磨かせた。「磨けー!」とひと言えば誰もが従った。しかし、退職してからは年に2度くらいではあるが自分で靴みがきをするようになった。権勢は衰退するものだ。

翌早朝、フクミミは最後の旅へ出発した。もっとも、この歳になったら毎回が最後の旅である。



| | コメント (0)

2012年9月 6日 (木)

雨になる

20120906_l1520218

朝から雨になった。めだかヶ池にも少ないが水が溜まった。これで、水飲みにやってくる鳥たちも楽になる。畑も人もひと息つける。



| | コメント (0)

2012年9月 5日 (水)

雷雨

20120903

昨日の夕刻から朝にかけ、申し訳ないぐらいの雨が降り、気温が一度下がる。草や木や土、人がひと息つく。いや、ひと息の三分の一くらいか・・。



| | コメント (0)

2012年9月 4日 (火)

日光写真

20120903dscf0636

黒い袋から慎重に手札大の印画紙を一枚取り出し、四角い枠にセットし日光に当てる。そして何分か後、印画紙には太陽によって種紙(原稿)の影が焼き付けられる。それを水に浸し、乾かし、<日光写真>は完成した。種紙を換え、子どもである私はそれを何度かくり返す。

子どもの頃、雑誌付録についた<日光写真>。写真と言っても、種紙の形が焼き付けられただけの青い影である。でも、当時はワクワクして作った筈だ。しかし、出来上がった写真は写真というよりはただの影。その影も、定着液もないので何日か後には消えてしまう運命にあった。

夏も終り、印画紙も日光写真セットも押入れの隅に追いやられ、やがて捨てる捨てないと悩んではそのほとんどが不要なゴミとなっていった。数え切れない付録たちと私はこんなふうに分かれた。


| | コメント (0)

2012年9月 3日 (月)

残暑お見舞い

20120903dscf0657

シェフが言うには雨が少しばかり降ったのは8月のお盆の時だったそうである。そういえば墓掃除に行った時、寺の駐車場の排水溝に木の葉が大量に溜まっていたのを思い出した。

ふう、それ以来、雨なしである。



| | コメント (0)

2012年9月 2日 (日)

夕焼け

20120830dscf0562

夕焼けの連続、毎日の晴天。昼過ぎには34℃にもなり、人も動物もぐったりしては時間を潰した。そういえば、2階の屋根瓦で暮らすスズメの姿を見ていない。瓦焼きにでもなっていなければいいのだが・・。



| | コメント (0)

2012年9月 1日 (土)

20120901dscf0570

まだ日が昇る前、シェフは畑に水をやる。ここひと月ほど、満足な雨が降らないので毎日、毎日、水をやる。今朝は大根の芽がうれしそうに水を浴びた。育った大根は煮物にしようか、それとも、卸しにしよか・・。




| | コメント (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »