« 葡萄を被う | トップページ | 本日のジャングル »

2012年7月17日 (火)

ディーヴァーの罠だらけ

20120716_dscf9206

ジェフリー・ディーヴァーの新作<追撃の森>が文庫(文春)で出た。2008年の作品だから<007 白紙委任状>、<ロードサイドクロス>の前に書かれたことになる。ディーヴァーはあの半身不随の探偵リンカーン・ライムのようにシリーズものの印象が強いが完結したひとつの作品でも読み手を充分かつ見事に騙してくれる。

今回の<追撃の森>。ウィスコンシン州の山と湖畔を舞台に、殺人事件に端を発する二人の女とそれを追う二人の男の追跡劇である。小説の大半が山の中で、追う追われるもの同士が互いの体力と知力の限りを尽くす。要は弱者がどうやって武器を持つ相手から逃げおうせるか・・。読み手はディーヴァーの罠だらけに舌を巻くことになる。

今は亡き児玉清さんに読んでいただきたかった。語学に堪能な児玉さんだから、ひょっとして原語で読んでいたかも知れないが・・。



|

« 葡萄を被う | トップページ | 本日のジャングル »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 葡萄を被う | トップページ | 本日のジャングル »