« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月31日 (木)

アカシアの5月

20120531dscf7590

アカシアの花が5月にようやく間にあった。シェフの広大な畑のそばで咲きはじめた。

アカシアと言えば去年の5月、トスカーナの山々で盛んに咲いていたのを思い出す。トスカーナの古い街々を巡る途中のバスの中やウルビーノのレストランで白いアカシアの花が緑の中に埋もれたり、浮かんだりしていた。いい季節の旅行はとても快適だった。

旅はしばらく我慢。朝の光の中、裏の畑のアカシアを眺める。


| | コメント (0)

2012年5月30日 (水)

揺れる

20120529_l1510463

木の葉が風で揺れている。ふらふらふら、自分の心のように見える。





| | コメント (0)

たまご

20120526dscf7496

掘北真希の顔を見ていると殻をむいた茹でたまごを見る思いがする。ドラマの性格上、失敗ばかりで共感を持たせるキャラクターだが、このたまご顔は得がたい。


| | コメント (0)

2012年5月29日 (火)

小焼け

20120529l1510485

小焼けを見ながらお家へ帰ろう


| | コメント (0)

2012年5月28日 (月)

雨が近い

20120521_dscf7362

雨が近くなってきた。この季節は毎年、庭の木や花の剪定をする。

ところで、子どもの頃、盛んにその辺で遊んでいると今は亡き伯母がいつも草取りをしていた。伯母は不自由な足をかばいながら、老眼鏡をかけ、頭には手ぬぐいをして私が通ると草取りの手を休めた。

伯母が亡くなった後、草取りらしき真似事をしたこともあるがあんなに根気がいるものとは知らなかった。飽きっぽい私は以来、草取りから逃げてきたがいつまでも逃げ切れるわけもなく・・。

子どもの頃、まさか自分が剪定や草取りをするなんてまるで思わなかった。





| | コメント (0)

2012年5月27日 (日)

目覚ましカッコウ

20120526_dscf7506

次は「窓をあけろ!」とカッコウが鳴く。気持ちよく晴れたので言われなくともわかっている。家中の窓をあけて風を通す。直に静かになったのでおせっかいなカッコウは移動したようだ。



| | コメント (0)

2012年5月26日 (土)

穏やかな日

20120526dscf7525

穏やかな日の静かな夕刻
早めのお風呂から上がると
窓の外の赤くなりきらない夕焼けを
ボケーッと眺めた



| | コメント (0)

2012年5月25日 (金)

20120525_l1510452

「それでさえ狭いのに、ええい、なんて邪魔なんだ!」

自分が出てきた殻を巣から落とすのに成功した小鳥はニヤリと笑いました。次は兄弟の(と言っても兄か弟か姉か妹かまるっきりわからないのですが)殻も落としてやろうと思うのでした。




| | コメント (0)

2012年5月24日 (木)

寒かったり暑かったり

20120521dscf7429

寒かったり暑かったり、日々は進んでゆきます



| | コメント (0)

2012年5月23日 (水)

ハッシュドビーフ

20120523dscf7465

急に食べたくなって、ハッシュドビーフを作る。もちろん、インスタントのルーで。最高とは言えないがこれ以上、これ以下の味にはならないからね。

スライスしたタマネギを炒め、牛肉とマッシュルームを加える。少し煮込んで、火を止めルーを入れ再び弱火で煮込んで完成。ハヤシライス同様、なつかしい味。昭和だ。



| | コメント (0)

2012年5月22日 (火)

屋根裏のその後

201203110dscf5831


さて、屋根裏のネズミのその後の話。

ラウンド1:粘着式ネズミ捕りを仕掛け、真ん中に揚げたての天ぷらを置いた。さすれば、天ぷらの香ばしい匂いが屋根裏中に広がるはずだ。夕方、屋根裏の隅にそぉーッと置いた。

翌朝、天ぷらだけが消えていた。粘着シートにヤツ(もしくはヤツら)の痕跡だけがが残されていた。ネズミ捕りの箱書きを注意深く読んだところ“使用条件に気温10℃以上”とあった。この時期、三月の夜間は寒かったので粘着力が発揮しなかったのだ。

ラウンド2:数日後、準備したのは金網式のネズミ捕りである。人の匂いが付かないようにゴム手袋をし、今度は食パンを油で揚げ仕掛けた。

その後、何日か続けて置いたネズミ捕りだったが一向にネズミを捕獲することはできなかった。たぶん、粘着式から金網のネズミ捕りへ変えるまで日を置いたのがいけなかったのだろう。危険を察知したネズミはまんまと逃げた。それとも天ぷらの高カロリーにお腹をこわして退散したのか・・なぞである。


| | コメント (0)

2012年5月21日 (月)

日食の朝

20120521dscf7434

932年ぶりの金環日食を渋谷ギャルがあちこちで「やばい、やばい!」と言っている頃、イナカーナでも日食が見られた。晴天で天候条件は申し分なかったのだが部分日食である。日食がはじまると周囲は徐々にうす暗くなっていった。鳥の鳴き声が聞こえない。地上は奇妙な静けさに包まれた。



| | コメント (0)

2012年5月20日 (日)

遭遇

20120513l1510263

日射しが眩しい日、歩道で強いタンポポに遭遇した




| | コメント (0)

2012年5月19日 (土)

ワニになる日

20120514_l1510415

トラクターで起された田んぼに水が入ったせいでオケラは自分が簡単に水に浮くことができることを知った。「見て、見て、スーイ、スイさ」とオケラは朝から浮かれっぱなしだ。

そんな時、空の影と羽ばたきにオケラはあわてて足を動かした。本能が逃げろと告げたからだ。振り返ると何羽ものカモメの姿が目に入った。「海からずいぶんと離れているのになんてこったあ~」他のオケラの声がまわりから聞こえた。

カモメから必死に逃げながらオケラは思う。人がスマートフォンやタブレットになれる時代だ。ボクならワニになって水中から大きな口でカモメをガブッとできそうな気がした。しかし、本能のヤツがもっともっと逃げろとせっついた。




| | コメント (0)

2012年5月18日 (金)

ヤマボウシ

20120514_l1510393

毎日、天気が変わる。先週は竜巻が悪さをし、雹や雷が人を驚かす。

ハナミズキがもう終る。今日はどの帽子を被って出かけようか・・・



| | コメント (0)

2012年5月17日 (木)

カエルの声

20120517_dscf7331

イナカーナの田んぼもそのほとんどが水に満たされた。夜、お風呂に入っているとカエルの鳴き声がよく聞こえる。求愛中だろうか。



| | コメント (0)

2012年5月16日 (水)

苗を植える

20120513_l1510272

シェフはナス、トマトを含んだ何種類かの苗を畑に植えた。働けば疲れるのは目に見えているのだがやはり作らないではいられなかったのだ。年を重ねる度にきつくなる夏を季節の野菜で乗り切らなければならない。





| | コメント (0)

2012年5月15日 (火)

新緑な中で

20120514dscf7255

雨が上がった暑い日、山は新緑で溢れ、ツツジが赤く色を添えていた



| | コメント (0)

2012年5月14日 (月)

巨大フキノトウ

20120514_dscf7241

摘み取られなかったフキノトウはグングンと巨大になりました


| | コメント (0)

2012年5月13日 (日)

欄が届く

20120513_l1510329

南国<ポーの国>に住むメイ・ヨークから今年もシェフへ欄が届いた。最初に5分くらい冷たい水に漬けて下さいと書いてあった。

「花瓶に入れたら氷も入れてネ」、「水は毎日取り替えるのよ」、「茎は3日に一度は切って」「常に霧吹きも忘れないで」と注文が多い。

私は花屋さんにはなれそうもない。



| | コメント (2)

2012年5月12日 (土)

震える

20120511_dscf7212

チューリップも人も寒くて震える。ストーブと炬燵はまだ仕舞えない。



| | コメント (0)

2012年5月11日 (金)

城とピアノとさえずりと

20120503_dscf6982

バッハの平均律クラヴィーアをリヒテルのピアノで聴く。リヒテルは平均律を生涯に2度録音しているが聴いたのは1回目、ザルツブルグのクレスハイム宮殿で録音された。宮殿だよ!

響きが豊かで深夜にでも聴いたら深く沈み込める演奏である。第1集に関して言えばBWV849、BWV853が興味深い。“奇妙な世界に足を踏み入れたワタシ”と言った気分になる。ロシアの有名なアニメ作家(名まえを忘れた)に<話の話>という作品があったがその中で使われていた曲だったような気もする。グールドの平均律が何が起こるかわからないピクニックだとしたらリヒテルのそれは宇宙旅行だ。

この録音では面白いことに演奏の最中に小鳥のさえずりが何度か入る。聞こえるか聞こえないかの小さな音でチッ、チッ、・・チッ。何度か聴くうちに小鳥だと気づいた。石造りの宮殿の暗いホールでリヒテルが平均律を弾き、その近くの雨どいか屋根、或いは近くの木で小鳥がさえずる。「いい音ね」と小鳥がさえずったかどうかは・・・?。

さて、どの曲に小鳥かは聴く人のお楽しみということで内緒である。


| | コメント (0)

2012年5月10日 (木)

豆を変える

20120128dscf2762

珈琲豆をブレンドからグアテマラに変えた。火山灰地で育った豆とのこと。育った国の知識はほとんどない。香りがよくおいしい、そして落ち着く。しばらく、飲んでみる気になる。


| | コメント (0)

2012年5月 9日 (水)

花粉が落ち着く

20120506_dscf7078

やっと、花粉が落ち着いてきた。網戸を入れて窓を開けよう。



| | コメント (0)

2012年5月 8日 (火)

ヨッホー!

20120507dscf7188

アタシたち家族は今、The Top of Europe
スイスのユングフラフヨッホにいます。
アオ太はブッチ氏の背中のベビーキャリーで
キャッ、キャ騒いでいます。
揺れる空や世界が面白いのかもしれません。
初めてのタンポポ、土筆を不思議そうに見ています。
スイスの景色を眺めながらのトレッキングは楽しいぞー。
ユングフラフヨッホ、ヨッホー!


メイ・ヨークからポストカードが届いた。ちなみにユングフラウヨッホ駅はスイス登山鉄道の終着駅で19世紀末から20世紀初めにかけ建設され、ヨーロッパで最も高い場所にある駅である。届いたポストカードにはアルプスの山並みのイラストと海抜3454mと印字された消印スタンプが押してあった。

アオ太は一歳前にもう三か国目の海外体験をした。但し、今回は日焼けで真っ赤になったらしい。


| | コメント (0)

2012年5月 7日 (月)

車にフン

20120506dscf7069

一昨日のこと。車庫に車を入れた時、入れ違いにフロントガラス直前を一瞬飛び去ったものがいた。そして、車にフンが2日続き、今年もスバメがやってきた。

車庫を巡るツバメと私の攻防がはじまった。



| | コメント (0)

2012年5月 6日 (日)

月としいたけ

20120506_dscf7121

「今夜の月はいつもの月より14パーセントも大きく明るいそうです。こんな月を“スーパームーン”で言うそうですよ」

満月の前夜、ラジオから流れる月のニュースを聞きつけたしいたけ山のしいたけは「14パーセント!ふん、たいしたことないじゃないか。ボクなんか30パーセントは一晩で大きくなるよ」と胸を張った。この夜、しいたけ山にそれは明るい眩しいほどの月の光がふりそそいだ。

翌朝、大きくなったしいたけを目を細めながら収穫したフクミミは宅急便で送るため、箱詰めをはじめるのだった。



| | コメント (0)

2012年5月 5日 (土)

ストーブを点けた

20120504_dscf7033

半袖を過ごしていたら寒くなり毛糸のベストを重ねた。ストーブも点けた。動物の毛の変わりに服を着たり脱いだりする。加えて装うことも時にしなければならないのでやっかい。いや、人によっては楽しみになる。



| | コメント (0)

2012年5月 4日 (金)

ハナミズキ

20120504_dscf7060

ハナミズキが雨に濡れている。去年の梅雨の頃、小さな木で買い離れ前に植えた。夏、雨が少なく枯れそうになったが、日に何回かバケツで水をやり回復に至った。そして、冬の大雪、支えの木をあて棕櫚紐で固定した。

そんな一年が過ぎて、ハナミズキは花を咲かせた。花の面倒はそれほど見ないのだが、素直にうれしい。


| | コメント (1)

2012年5月 3日 (木)

しいたけ山の嵐

20120503_l1510152

しいたけ山に嵐がやってきて、雨まじりの強い風を吹き渡らせた。山ではフクミミの育てたしいたけがようやく顔を出しはじめ、収穫の時を迎えた。



| | コメント (0)

2012年5月 2日 (水)

平野を走る

20120501_l1510013

少し前、山際の道路を車で走った。新緑前の山里には白のモクレンや山桜が淡く彩りを添えていた。それに、小学校のグランドや川の堤には必ずと言っていいほど桜の木があった。その桜の一年のほんの数日しか咲かない花を人は見るわけだ。公園にも人が出ており、広げられたシートで家族たちが昼食をとっていた。

そんな桜も終わり、田んぼに水が入りつつある。田んぼの脇には菜の花。黄色く風にゆれている。



| | コメント (1)

2012年5月 1日 (火)

片付け

20120501_l1510119

急に暑くなった。急いでコタツをしまい、カーペットを畳み、冬物の洗濯をする。部屋を片付けはじめたら、終らなくなる。雑誌、本、郵便、切り抜き、衣類の山に呆然となる。ふぅ、それにしても暑い。



| | コメント (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »