« マルツィ | トップページ | 白モクレン »

2012年4月25日 (水)

ボローニャより

20120425_l1500949

先日、ボローニャから出されたポストカード(※)をNさんからいただいた。Nさんは昨年5月のトスカーナの旅で同じツァーに参加された女性である。彼女も一人参加で勇猛果敢に旅をこなしていた。彼女はなにごとにも行動が早く、「明日、昇ろうかなぁ」と私が漏らしたフィレンツェのドゥーオモ(花の聖母寺)に「もう今日、登ってきたわよ」と言い、つけ加えて昇る際のアドバイスも忘れなかった。

日本に有名な絵画が外国からくるとする。するとNさんは「あれね、現地で見たわ」とさりげない。Nさんは混んだなかで絵を見るのがまっぴららしい。そういえば、昨年のイタリアも10人ほどの少人数のツァーだった。私も“大人数のゾロゾロツァー”は選ばないようにしている。

昨年のツァー、フィレンツェでまる一日の自由時間があった。私は行きたい教会があったので市内の散策を選んだ。Nさんはまだ行ったことのない有名な斜塔のあるピサへ電車で行くと言う。移民やスリで危険な情報もあったので私はNさんに携帯できる小さな警報機を貸した。

ポストカードの文章の最後に「明日の自由時間はルッカに行ってきます。念願のルッカ、楽しみです」とあった。イタリアからだとエア・メールで一週間くらいはかかる。もう、とっくにNさんは東京に帰っておられるだろう。私もまだ行ってないルッカにはプッチーニの生家もある。Nさん、ルッカはいかがでしたか・・。

※写真のポストカードはラファエロの生家(ウルビーノ)にあるたった一枚しかないラファエロ自筆の絵。生家にさえ本人が描いた絵が一枚だけ、絵という経済を見る思いもする。


|

« マルツィ | トップページ | 白モクレン »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルツィ | トップページ | 白モクレン »