« 人類の敵 | トップページ | キンモクセイめッ! »

2012年3月 4日 (日)

蝉はまだ雪の下

20120303_dscf3775

蝉はまだ雪の下である。少し前、日本アカデミー賞で『八日目の蝉』が作品、監督を含む10部門を受賞と言うことだがこれは獲りすぎなのではないか。作品の出来具合に他の部門が引っ張られた感がある。と言うことは他の候補作が力不足ということになる。

今回の日本アカデミー賞、主演女優賞こそ永作博美だと思う。助演は小池栄子でも良かった。井上はまだその力ではない。作品と監督賞にはバンザイ!と言おう。

原田芳雄が主演男優賞だった。作品としての『大鹿村騒動記』とエンディングの原田ファンクラブのような見せ方は評価しないが原田の存在感は確かに大きかった。学生運動やアンダーグラウンドと言った熱い時代を知っている(或いはその時代の名残りをかろうじて知っている)年代にとって原田は忘れられない役者だった。


|

« 人類の敵 | トップページ | キンモクセイめッ! »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 人類の敵 | トップページ | キンモクセイめッ! »