« 遠のいた | トップページ | 誕生日 »

2012年3月20日 (火)

風車守

20120320dscf4459

オランダを旅行する俳優の番組を見た。海面より低い埋め立てられた土地を持つ国。風車が何台も連携して水をかき上げていた。風車には風車守が住み、風の向きに風車の羽を合わせる。その風車の中の居住スペースでは風車守の奥さんがケーキを焼く。部屋の窓の間近かを風車の羽がヒュン、ヒュンと回転していく。

風切り音にはどれくらい住めば慣れるのだろう。しかし、職業欄へ<風車守>と記入ができる。いいな。


|

« 遠のいた | トップページ | 誕生日 »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
風車守って職業があるんですね
絵本の中の職業のよう
風車の風切り音ってなんだか落ち着きそうな気がしますが
うるさいんでしょうか

☆エフさん こんばんは
風車の羽は大きく、布を張り風を受けて回っていました
ヒュンヒュンよりバタンバタンだったかも?
慣れれば気にならなくなるのではないでしょうか
昔、この国の踏み切りに手動があったように思います
外国では特に歴史のある街では水門や運河など
まだまだ絵本に出てきそうな職業が
残っていそうです
<グールドの帽子>

投稿: エフ | 2012年3月21日 (水) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠のいた | トップページ | 誕生日 »