« いつも元気 | トップページ | 甘い音 »

2012年2月 5日 (日)

ホテル路地裏

20110516dscf8067

おととい、NHK<世界街歩き>で放送されていたシエナ。番組の中、カンポ広場で歓声を上げていた若者たちがひとりの女性の卒業を祝っていた。この女性は大学院に進んだ後、銀行に勤めようかしらと語り、また同じ広場でサッカーの話題で盛り上がる老人たち3人は銀行を退職した仲間だと言う。シエナは観光の街であると同時に金融の街でもあった。カンポ広場は観光客ばかりでなく、この街の住人にも普段から充分に関わりある場所だった。

さて、シエナへは二度行った。昨年訪ねた時は三泊できたので少しは街を歩くことができた。シエナの中心であるカンポ広場へ歩いて10分ほどのホテルだったので夜も散歩することができた。

5月のシエナは日暮れが遅く、日が沈んでから青から濃い青になる空を見ることができる。日中はかなり暑く半そでが過ごしやすく、夜は上着を重ねて過ごした。マンジャの塔やドゥーオモ付属美術館屋上から日中眺めたシエナは赤茶の屋根と街並みが中世を彷彿させ、遅い夜の裏通りには僅かな灯りと暗くて濃い闇があった。羨ましいほどの闇。

フィレンツェのシニョリーア広場は直線ででき、シエナのカンポ広場は貝殻のような形をしているため街に曲線の印象がある。フィレンツェと覇を争った都市シエナはこと散歩に関しては丘を中心として立体的なこともありフィレンツェより断然面白い。もっとも私は旧市街からホテルへまわり道をして帰ろうとし、1時間半近くも迷った口ではあるが・・・。

(写真はふたつ星ホテルの入り口。ツアーの宿泊先である高級(?)ホテルが満員で添乗員一人がやむなく泊まった。翌朝、彼女にホテルの感想を聞き忘れた)
・・・
・・

|

« いつも元気 | トップページ | 甘い音 »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いつも元気 | トップページ | 甘い音 »