« アルノ川周辺 | トップページ | 9日目 サン・マルコの庭 »

2011年7月11日 (月)

ドゥーオモに登る

20110520dscf1278

20110520dscf1310 20110520_dscf1181

雨上がりの夕方、ドゥーオモ(大聖堂)のクーポラ(円蓋)に登る。日中、クーポラへのチケット売場に長い行列を見ていたので、開いている一時間前に再び訪ねた。幸い誰も並んでいなかった。階段は473段、シエナの<マンジャの塔>と同じくらい。さあ、登るぞ。

このドゥーオモにクーポラを架けたのはフィリッポ・ブルネレスキ。身長153センチでハゲ頭、短気で高慢で頑固な男とある。そんな男がフィレンツェの象徴とも言うべきドゥーオモに丸屋根を乗せた。登ってみると実感できるが、最終のクーポラ部分は二重になっており、その間の空間を手すりに頼りながら半円の急勾配を登る。

クーポラからは<ジョットの鐘楼>も近くに見ることができる。街は赤茶の屋根が広がり、その下には午後の雨の名残り、少ししっとりした通りが見えた。車も人も小さい。

ひと息ついていたら「閉館、30分前です」係員の声が聞こえた。新婚旅行のカップルが写真を撮り合っているうちに「15分前です」のコール。午後7時近いが太陽はまだ落ちず、夕焼けのフィレンツェを見ることは季節もあり叶わなかった。

クーポラを降りてから、再び内部の天井近くを半周。通路は狭く、すれ違える幅がないので、ゆっくりと天井画を見ることはできない。階段を降りながら定年退職したご夫婦と旅の話をする。そのご夫婦から十分働いた後の旅行の感激が伝わる。ドゥーオモ前でお互いの記念写真を撮って別れた。

「よい旅を!」

(フィレンツェ ドゥーオモ)

|

« アルノ川周辺 | トップページ | 9日目 サン・マルコの庭 »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
毎日、(いつか行く旅の下見の兼ねて?)
楽しみに拝見させていただいています!

今日はドゥーオモの屋根の勾配にびっくりです。
(一枚目の写真)
職人さんたちは勇敢ですね。
活気!あふれる街の勢いで、
そんなことも平気で出来るのかもしれませんね。

☆aniseさん こんばんは♪
いつか訪ねるaniseさんのイタリアの
少しばかりの参考になれば幸いです
でも、いざ出かけて見ると
たぶん、それどころではないはず
次から次へ見たい美術館
歩きたい街角は出てきます
後は限られた時間と勝負です

その時のaniseさんのブログを
今から愉しみにしています
<グールドの帽子>

投稿: anise | 2011年7月11日 (月) 21時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アルノ川周辺 | トップページ | 9日目 サン・マルコの庭 »