« フィレンツェの夜を | トップページ | 最後の晩餐、そして見果てぬ夢を »

2011年7月23日 (土)

歩く女

20110520_dscf1401

土地っ子はヴェッキオ橋の真ん中を軽やかに、観光客はまだ出合っていない風景や捜しものをするかのように端を歩くのさ。

(フィレンツェ ポンテ・ヴェッキオ)

|

« フィレンツェの夜を | トップページ | 最後の晩餐、そして見果てぬ夢を »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

イタリアは女性たちも素敵ですね。
おしゃれの参考に、と、端っこを歩きながら
女性を眺めてキョロキョロしてしまいそう。
雑誌の路上スナップも、イタリアの女性の
かっこいい着こなしを見るのがすごく好きです。
色合わせとか、日本人には思いつかないような
ものもあって、楽しいです。
こうした「ちょっとそこまで」のような時の格好も
さり気なく素敵で、真似したい。

☆再び、aniseさん こんばんは♪
着こなし、色あわせはお国柄も大きいと思います
イタリアの国旗からしてあのような色ですから
鮮やかな色使いにすんなり入れ
空気にも馴染む感覚が養われていくのでしょう
晴れたときの空の色は本当に青くきれいでした

今や薄くなった色の教会のフレスコ画も
描かれた当時は鮮やかだったと思われます
<グールドの帽子>


投稿: anise | 2011年7月23日 (土) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フィレンツェの夜を | トップページ | 最後の晩餐、そして見果てぬ夢を »