« 海坂の桜 | トップページ | 桜の公園の満開の下 »

2011年5月 3日 (火)

映画<八日目の蝉>

20110426dscf3644

この映画の原作となった角田光代の小説は二度読んだ。近年、小説を原作とした映画は昨年の<悪人>のように秀作が多い。映画より先に監督の名が出るかつての巨匠に見られる際立つ個性を必要としなくても、近頃(失礼!)の監督は巧みにしかもうまく描く。・・ということは作品主体とも言える。

NHKで昨年、同じ原作でドラマをやっていたが今回の映画は多くをそぎ落とした。原作にあった火事、大阪で遭遇し世話になった年配の女性、宗教団体の細部などを削った。赤ちゃんをさらった女(永作博美)とさらわれた女の子・薫(成長してからは井上真央)に焦点を当てた脚本が生きている。

描く対象が女性なので出てくる男たちはどうしようもない。妻子を持ちながら不倫する。特別な魅力を持たない男でもズルズルと不倫はできるわけだ。女性に目がないのか、或いは女は醒めているのか・・。いや、普通の女たちなのだろう。しかし、妊娠で女の気持ちという振り子は大きく揺れる。

小池栄子の歩き方が印象的だ。演出なのか、演技の準備段階で小池が考えたのかはかわらない。あの後ろ姿にはこの女性が歩んできた道さえ垣間見えそうだ。井上真央(薫)は眉に意思の強さが見える、これは利点だ。永作は親子として暮らした子ども・薫との歳月をこれ以上ない表情で見せた。目じりの皺さえ、辛く悲しく美しい。

永作はアイドルから芝居に出はじめた頃の舞台をテレビで見たが、こんなにいい女優になるとは当時、思えなかった。その後、うまく年を重ねる活躍を見せていた。早いかもしれないが今年のベストの映画であり永作の演技と評したい。

劇場で隣りの席に座った年配のお父さんはアニメをはじめとするこの時期の映画はまるで見るものがないと嘆き、映画<二十四の瞳>や小豆島のことを話しかけてきた。<八月の蝉>は観るのが二度目だと言う。私は(家族であるメイやシェフほどではないが・・)他人からよく話しかけられるほうである。

|

« 海坂の桜 | トップページ | 桜の公園の満開の下 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海坂の桜 | トップページ | 桜の公園の満開の下 »