« ツバメ | トップページ | 2日目(5月13日) ウルビーノへの未練 »

2011年5月31日 (火)

3日目(5月14日) 聖十字架伝説

20110514_dscf5827

アレッツォ市内は一日中歩いて観光。

サン・フランチェスコ教会でピエロ・デッラ・フランチェスカの<聖十字架伝説>見る。絵は祭壇後陣の壁面(左右、奥)を埋め尽くしていた。絵はピエロの代表作のひとつとされ15世紀にフレスコ画で描かれたが、雨水や地震で何度か修復された。アダムの死からはじまり、聖十字架争奪の物語。

物語として詳しく45分ほどに渡り絵ごとに解説してもらう。例えば、腰の後ろに裏返しであてた手を上手に描くのが難しいこと。サラセン人はバンダナを巻いている。戦いの馬、実際の馬の数より、数えると足が多い。ピエロが描く女性の顔は卵、おでこが広い、など。

<コンスタンティヌス帝の夢>が面白い。よく見れば画面左上に天使の羽が見える。眠るコンスタンティヌス帝に天幕を通した天使の光が当たっているが。そばの従者(起きている)も他の見張りも天使に気付かない。

Dream1_2

当時から作者自身の顔もよく絵に描かれている。ピエロも出たがりのようだ。他の絵の多くもそうだが作者はたいてい正面を向いている。確かに自画像は正面を見て描かねばならない。また、寄進者も絵にはよく描かれている。主役たちに比べて極端に小さいと、その謙虚さがうかがえたりもする。

20110514dscf6100_2

(5月14日 アレッツォ)

|

« ツバメ | トップページ | 2日目(5月13日) ウルビーノへの未練 »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ツバメ | トップページ | 2日目(5月13日) ウルビーノへの未練 »