« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

開墾の地

20110426dscf3180

開墾の地へ桜を見にゆく。海坂よりハンドルを握ってほどなく着く。最初に目につくのは濃い桃色の桜たち。そして、淡いソメイヨシノの下を回遊する。

卒業、入学といったシーズンに桜ほど似合う花はない。気持ちを切り替えたり、新たにしたりする時期に桜はいつもあった。長い年月をかけてこの国の人と花は密接に結びついた。イナカーナの遅い桜はようやく満開を迎え、来月の田植えを控えた苗たちは成長を続けている。

昔の人が植えた桜を私たちは見ている。私たちはどんな桜を後世に残せるのかと考える。

| | コメント (0)

2011年4月29日 (金)

強風注意報

20110428_p1540497

ワッ、ワワワ、風邪ひいてしまうじゃないか!

| | コメント (0)

2011年4月28日 (木)

らんらん

20110427_dscf3732

咲いたばかりだというのに、もはや、風の吹くらん、花の散るらん。

20110427dscf3756

| | コメント (1)

2011年4月27日 (水)

風待ち

20110424_dscf2674

一刻も早く空を飛びたいとモクレンは羽をひろげはじめるのでした

| | コメント (0)

2011年4月26日 (火)

水仙の家

20110422dscf1959

「下ばかり向いてちゃダメでしょ」
こればかりはどうもと水仙は困った顔をしたようにも思えた。

| | コメント (0)

2011年4月25日 (月)

若葉の頃

20110422dscf2407

日中は暖かいのに、朝晩は寒かったりする。急に雨がパラついたりもする。ストーブをつけたり消したり、上着を着たり脱いだりと調整にいそがしい。春の天気は不安定である。

不安定と言えば、人も若葉の頃は一喜一憂の毎日だった気がする。

| | コメント (0)

2011年4月24日 (日)

西から

201104212dscf2327

西から雨が上がってきて、昼から降りはじめた。元気だったモクレンもツバキも、もちろん金魚も今は雨の中である。

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

街の土筆

20110421dscf2285

街の土筆は
いくら背伸びをしても
街の周囲に広がる田んぼや山々を
見ることができませんでした

| | コメント (0)

2011年4月22日 (金)

KUTU KUTU MEMORY

20110421_dscf2093

もう、ずいぶんと昔の話。桜の季節に宴会があった。当時、勤めていたある団体は地方にしては少ない方だが季節毎に場所を変えては何かにつけ宴会があった。

いたって普通の旅館の広間を会場とした歓送迎会はつつがなく終った。しかし、帰り際の玄関でいくら探しても私は自分の靴を見つけることが出来なかった。あったのは履き古された、見たことがあるような靴であった。私はその靴を手に取り、何度かまばたきをした。買ったばかりの私の靴は2時間半で古くみすぼらしくなっていた。その夜、いったいどうやって家に帰ったのだろうか。たぶん、その靴をしぶしぶ履いて帰ったと思う。

靴はどこへ行った・・・?

同じメーカーの、型の、サイズまで同じ靴がたまたま遭遇した玄関での災難である。値段はそこそこだが長く履けるローファーで有名な靴メーカー。当時としてはこだわった靴を選んだために私の靴は他人に履かれて行ってしまったわけだ。酔っぱらって私の靴を履いて帰ったその人は翌朝、目覚め、一夜にして新しくなった靴を見てどう思ったことだろうか。

翌日と数日後、旅館に問い合わせをしたが靴の行方はついにわからなかったと記憶している。
春、そんな靴の思い出がある。


このブログタイトルは<RANG RANG MEMORY>にかこつけた。

| | コメント (0)

2011年4月21日 (木)

うぐいす

20110418_dscf1945

うぐいすの体の色が緑だという思い込みは、ハナフダによる刷り込みだろうか・・。

| | コメント (1)

2011年4月20日 (水)

メジロ特急

20110418dscf1927

ただ今、<メジロ特急>は梅の木を発車したところです。あと、3秒ほどで当駅に到着。到着ホームは枝の中になります。あーッ到着(いつも早すぎだよ、まったくぅ)、メジロ特急、枝に入りまぁーす。花の蜜をついばみ13秒ほど停車しまぁーす。

メジロ特急、当駅を発車しますと次の駅は竹林、タケバヤーシ。お客さまにご注意申し上げます。タケバヤーシは花が咲いていないため通過になりますので、タケバヤーシで降車される方は次の各駅停車をご利用ください。

後ろ、よーし、前、よーし。メジロ特急の発車ッ!ピーーーッ。どなたさまも足もと、羽先をご注意くださーい。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

目の縁が白いからメジロ、とてもわかりやすい。群れになって街中を花から花へ超スピードで飛んでゆく。黄色を含んだウグイス色の美しい鳥だ。

| | コメント (0)

2011年4月19日 (火)

ケキョ家族

20110415_dscf1885

「ケッ、・・ケッ、・・ケキョ!」
「もっと、練習しなきゃダメね」
「子どもにダメといちゃあ、いけないよ」
「そうね、一緒にたくさん鳴きましょ」

昨日、朝食を食べていたら今年初のウグイスを聞いた。ケキョ家族と名づけた。

| | コメント (0)

2011年4月18日 (月)

パンダの思い出

20110417_p1540415

ドイツ・グラムフォンのコレクターズボックスを久しぶりに開け、聴いたのは<LANG LANG MEMORY>というアルバム。ランラン、パンダにいたような気がするがピアニストにもいた。中国ではよくある名なのだろう。LANG LANG、経歴も知らずに聴いたらこれが当たりだった。

アルバムはモーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番、ショパン:ピアノ・ソナタ第3番、シューマン:子供の情景が収められ、2005年8月の録音。モーツァルトはまあ軽快でオーソドックス。ショパンは私こそがショパンだと大見得を切ることことのない演奏。シューマンの子供の情景は眠りを誘う。胃によさそうな曲もしっかり入っていた。

と書くと、どこがいいのかと言われそうだが演奏は惹き込まれるというよりは体に馴染んでいくようなピアノである。奇をてらうことのない穏やかで優しい演奏。変なクセのない演奏なので
何度も聴けそうなアルバムである。こんなあたりまえでいい演奏があったんだと思わせる。

CD32 LANG LANG MEMORY
[111 YEARS OF DEUTSCHE GRAMMOPHON THE COLLECTOR`S EDITION VOL.2]

| | コメント (0)

2011年4月17日 (日)

四月ノ森 キクズプール

20110405dscf1048
おい、見えるかい

20110407_dscf1742
「ははッ、専用だわ!」
イチリンソウは木屑プールにたいそうご満悦です

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
森の残雪もあとわずかになりました
さらば、四月ノ森よ!

| | コメント (0)

2011年4月16日 (土)

四月ノ森 さらば

20110405dscf0944

20110407dscf1509 

20110405dscf1082

枯葉たちは
もうずいぶん前に
木々にさらばと告げたので、
少々身をもてあまし気味なのでした

| | コメント (0)

2011年4月15日 (金)

四月ノ森 席について

20110405dscf1147

「みなさーん、席についてください。
ただ今より、会議をひらきます。
今日の議題は“身の処し方”です。
意見のある方はどうぞ・・。
それでは、下のちっこい葉さんから、どうぞ」

| | コメント (0)

2011年4月14日 (木)

四月ノ森 木々のようす

20110405dscf1073

20110405_dscf1099

20110405dscf1194
鳥はジッ、ジッと鳴いては周囲や木々のようすをうかがったのでした

| | コメント (0)

2011年4月13日 (水)

四月ノ森 限られた時間

20110407_dscf1646

20110407dscf1650
沢の水が光を反射するのも午前中の限られた時間だけだ
光はアリスに出てくるうさぎのように時計を何度も確かめながら先を急いだ

20110405dscf1151

| | コメント (0)

2011年4月12日 (火)

四月ノ森 光だよ

20110407dscf1463
カタクリは大きく翼を広げた
たぶん、飛ぶつもりだ

20110407dscf1529

20110407dscf1555
光だよ、春の光!

| | コメント (1)

2011年4月11日 (月)

四月ノ森 沢に入る

20110407dscf1508
甘ーい蜜の誘いも丁重に断り

20110405dscf1031
斜面に雪が残る沢に入る

20110411dscf1688
わかりやすい葉である

| | コメント (0)

2011年4月10日 (日)

四月ノ森 池沿いの道を歩く

20110407dscf1373
騒がしい園児らは黄色の帽子を被り



20110405dscf0967
池に沿った道を歩く



20110407dscf1411
花咲く乙女たちの

| | コメント (0)

2011年4月 9日 (土)

四月ノ森 森へ入る

20110407dscf1245
池に鳥の姿はすでになく
・・・・・・・・・・・・・・・

20110407dscf1441
先の黄色はたぶんマンサク、言うことを聞かない園児のような花、
・・・・・・・・・・・

20110407dscf1255
かと思えば、芽吹く宇宙人たちも多い・・森へ入る
・・・・ 

| | コメント (1)

2011年4月 8日 (金)

乾電池の復権

20110408_dscf1228

「俺たち、今までひっそり暮らしていたが世間は地震でこの有様だ。まあ、自慢ってほどじゃないがいざと言うとき、これだけ役に立つってことだぜ」乾電池が言った。

昨夜、寝しなに大きな余震があり、電気が一晩消えた。買い控えしていた乾電池を買いにゆこう。

| | コメント (0)

2011年4月 7日 (木)

四月ノ森 予告篇

20110405_dscf0936

四月の森に行った。山の斜面に少しばかり雪が残っていたが春先の花も見ることができた。明日から簡単に紹介しようと思う。つまり、予告だ。

| | コメント (1)

2011年4月 6日 (水)

月ノ山

20110405_dscf1213

四月の声を聞き、ようやく快晴になった。イナカーナ東南に横たわる<月ノ山>は夏スキーで有名だが、私はスキーができないので花や紅葉の時期、年に一度登るくらいである。

さて、ニューヨーク・タイムズのフォトストリームで今回の東日本大震災の写真を紹介している。辛い写真ばかりだ。http://www.nytimes.com/interactive/2011/03/12/world/asia/20110312_japan.html#1

| | コメント (1)

2011年4月 5日 (火)

アスパラの朝

20110404dscf0755

アスパラガスの届いた朝、雪が舞った
少し晴れてからアラレも降った

アスパラをゆでるか・・炒めるか
グラタンは面倒に決まってる
ええぃ、ベーコン巻きにしようと
シェフは決めた

| | コメント (1)

2011年4月 4日 (月)

カナシミノクスリ

20110401dscf0540_3

クラシックを聴きはじめた頃、マイスキーの無伴奏チェロ組曲が気に入り、その後、数多くの無伴奏のCDを次から次へと購入。消化できずに・・やがて飽きた。しかし、久しく時間が過ぎて聴き直せばやはり魅力に満ち溢れた曲に変わりはない。

先の週末、機会があり、『J.S.Bach 無伴奏チェロ組曲 鈴木秀美リサイタル』へ出かけた。こんなふうに聴いた。

第1番 ト短調 BWV1007
前奏曲/アルマンド/クーラント/サラバンド/メヌエットⅠ・Ⅱ/ジーグ
穏やかにはじまった前奏曲、全体に質朴で暖かな印象を受けた。鈴木秀美さんの説明もあったが現在使用している(バロック)チェロは胴が厚く、オランダの友人の製作による。14年ほど使用している。床に支えるエンドピンがなく、両膝でチェロを抱きかかえるように演奏する。
第3番 ハ短調 BWV1009
前奏曲/アルマンド/クーラント/サラバンド/ブーレⅠ・Ⅱ/ジーグ
全てまあ舞曲という曲の構成なのだが、後半ブーレから最後のジーグへと次第に熱く盛り上がってゆく。パッセージにカラダが思わず動きそうになる。
第5番 ハ短調 BWV1011
前奏曲/アルマンド/クーラント/サラバンド/ガヴォットⅠ・Ⅱ/ジーグ
フランス趣味の曲想とされる5番。サラバンドがとてもいい。不安気と落ち着きがゆらぐように交互にやってくる。もの悲しいかもしれない。演奏前の解説では第5番のみ指定があり5弦を通常の「ラ」から「ソ」へ調弦してあるとのこと。はじめて知った。

アンコールは第4番のサラバンド。2台のチェロが<ささやきあう>ような曲。サラバンドは好きだな。(ちなみにバッハの無伴奏チェロ組曲は第1番から第6番まであり、多くのコンサートでは1,3,5の奇数番、2,4,6の偶数番に分けて2晩かけて演奏されることが多い)

主催の医師より舞台脇のチェンバロの蓋裏に書かれた言葉(仏?伊?語)の説明があった。「音楽 それは 生きる喜び 悲しみの薬」、災害があった今ほど響く言葉である。

鈴木秀美さんからは地震直後のバッハ・コレギアムの2週間にわたるアメリカ公演や募金を含めて話があった。かの地で英語でインタヴューを受け地震のことをで話していた時は外国語でもありあるぶん冷静でいられたが、今、日本で話すと胸にこみ上げるものがあると・・。

演奏は実に人そのものをあらわす。

300年前(1720年頃)にバッハにより作られたこの<無伴奏チェロ組曲>。弾く人の思い、聴く側の思いが交差したり重なったりして、音楽は膨らんだものとなる。

| | コメント (0)

2011年4月 3日 (日)

川の端Ⅲ

20110401_dscf0536_2

「なに、撮ってるんですか?」
土手の上の車から声がかかった。
「天気がいいから風景とか、葉っぱとか・・」
答えた。

春という彼女は思わせぶりの素振りが上手で、来そうで来ない。なので灯油は欠かせない。ようやく開いたスタンドでガソリンを車に給油し、灯油の配達も頼んだ。

そういうわけで、私はガソリンの入った車を降り土手を散歩しはじめた。

| | コメント (0)

2011年4月 2日 (土)

川の端Ⅱ

20110401_dscf0549

土手の日陰にはまだ雪が残っていた。川の支流には鳥たち。近づくと彼らは一斉に飛び立った。

雪が消えた田んぼには少ない数のハクチョウ。日がな一日、水の中へ口ばしを動かす。帰る、帰らない、帰る・・・。

人が近づいたら逃げる、或いは北へ帰る鳥のタイミング。本能とはうまく出来ている。

| | コメント (0)

2011年4月 1日 (金)

川の端Ⅰ

20110401_dscf0460

晴れた四月のはじめ、川の端を歩いた

20110401dscf0618

雪どけの水はドォドォ、ゴボッと先を急ぎ

20110401dscf0504

雲は聞きもしないのに「どんなもんだい!」胸を張った

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »