« 電池を買いに | トップページ | 道路 »

2011年3月17日 (木)

コミカル・ホリウチ

20110316_l1060104

確かコミカル・ホリウチは映画でホテルの廊下をギターを背に走りまわっていた。ホテルの制服も主演女優よりよく似合って見えた。いわゆる主役級を引き立てるための役回りなのだが、何せギターを背負い仕事に励む女性従業員は滅多にいるものではない。

とりたてて美人でないことが功を奏して、コミカル・ホリウチは役柄に幅も持つ。どこにでもいそうなおばさんだって、ほんの少し色っぽい女医、男に尽くす女検察官も。シルアスな演技だってお手のものだ。

もちろん、舞台も得意。そこで近ごろ見たのが『W~ダブル』(NHK教育、芸術への招待、2011.2.25)という舞台。フランス郊外のある屋敷の居間のみを舞台とする翻訳ものだが、主要なキャストは4人だけ。財産のある女とそれ目当てのダメ男の金にまつわるストーリーである。ある意味、古典的な推理劇とも言える。

当然、コミカル・ホリウチの役柄はお屋敷のメイドである。白エプロン姿がお似合いだ。翻訳劇にふさわしく、たいそうな身振り手振りでコミカル・ホリウチは軽ぅーく自由にメイドを演じる。わざとらしくなるのが翻訳劇やミュージカルの常だがコミカル・ホリウチのオーバーさは鼻につかない。

コミカル・ホリウチ、次にどこで演技を見せてくれるのか?制服であろうとなかろうと・・。

|

« 電池を買いに | トップページ | 道路 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 電池を買いに | トップページ | 道路 »