« 軒ノ下 | トップページ | ヴェール »

2011年1月24日 (月)

桜庭八犬伝

20110124_p1520704

桜庭一樹の<伏 贋作・里見八犬伝>を読む。言わずと知れた滝沢馬琴の(と言っても誰もが読んだことのない)<南総里見八犬伝>に着想を得た小説である。しかも、ページの半分を割いて冥土(瓦版作者、馬琴の息子という設定)による<贋作・里見八犬伝>を物語の中で披露するという手の込みようだ。

たぶん、気難しい読み手は眉をひそめかねない桜庭ワールドが繰りひろげられる。それは、時代考証かもしれないし、“鈍色”をはじめとする登場人物たちの名まえかもしれないし、「びょぉぉぉぉ」などの気になる擬音かもしれない。要は桜庭の流儀が受け入れられるかどうかにかかっている。

ストーリーは活劇に重きを置いている。犬人間の『伏』を生んだ伏姫の性向は少女コミックを見ている感じだがその突出している分、物語の悲劇性は強くなる。桜庭が抽出する言葉と作劇でのみ垣間見ることができる世界が確かにある

|

« 軒ノ下 | トップページ | ヴェール »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 軒ノ下 | トップページ | ヴェール »