« 銀ノ山温泉2日め 早朝 | トップページ | メイ・ヨークの屋台好き »

2010年9月30日 (木)

銀ノ山温泉 オルノ川

20100922_p1420088

銀ノ山温泉、旅館に挟まれるように真ん中を<オルノ川>が流れる。いや、オルノ川があったからこそ人が銀採掘坑道へ通じる山道を作り拡げ、お湯を見つけ、宿が立ち並んだ。

とてつもない風や初雪といった季節が動こうとするほんの少し前。宿に泊まる者や宿で働く者、誰もが寝静まった深い闇の中、オルノ川を山から里ヘ渡ってゆくものがいる。“もの”と言っても“もの”ではない山の使者たちはゆっくりあるいは素早く、川の上をつーッと滑るように旅館街を通り抜けた。

寒い夜、シャーーーッ、川のニジマスだけがシャーーッ、水面の上を渡るものの気配を感じては人より何倍も早く山の急を知るのだった。

|

« 銀ノ山温泉2日め 早朝 | トップページ | メイ・ヨークの屋台好き »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 銀ノ山温泉2日め 早朝 | トップページ | メイ・ヨークの屋台好き »