« 月ノ山① 弥陀ヶ原 | トップページ | 月ノ山③ 息絶え絶え »

2010年7月 6日 (火)

月ノ山② 伝言ゲーム

20100703r1462250

八合目、九合目、山頂付近と<月ノ山>ではその高度によりさまざまな花が咲く。細い登山道で17名のグループの先頭に立つガイド氏が小さな一輪の花を目ざとく見つけると、すぐ後ろの数人に、例えば<ウズラバハクサンチドリ>と教える。次に花の名を聞き取れた最も後ろの登山者が<ウズラバハクサンチドリ>と復唱し、歩きながら後ろの者に伝える。

覚えにくい高山植物の名まえが伝言ゲームのように狭い登山道でグループ後方へ伝わっていく。グループのつなぎ目にいた私は細かい部分を少なくとも三回は間違えて後ろへ伝えた。

ちなみに<ウズラバハクサンチドリ・ラン科
>、葉にウズラの卵のような斑があることに由来する。うむ、これはわかりやすい。

|

« 月ノ山① 弥陀ヶ原 | トップページ | 月ノ山③ 息絶え絶え »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月ノ山① 弥陀ヶ原 | トップページ | 月ノ山③ 息絶え絶え »