« 山に登る | トップページ | 月ノ山② 伝言ゲーム »

2010年7月 5日 (月)

月ノ山① 弥陀ヶ原

20100703_r1462493

月ノ山八合目から登りはじめると木道の遊歩道がある。所々に池もある湿原に草が生い茂る。木道から横に入る小道があり、そこから登ってきた人は大きなリュックを担いでいた。リュックの中には<月ノ山筍>という直径2.5センチ、長さ25センチほどの細長いタケノコが入っている。
今年も二度、このタケノコをいただき、剥いてみそ汁で食べた。皮を剥くと長さ20センチくらいになり、みそ汁のお碗から身の先端半分が飛び出ることになる。天ぷらにしてもおいしい。

元禄二年(1689年)、六月八日芭蕉はこの<月ノ山>(ぐわっさん)に登った。「強力(がうりき)といふものに導かれて」(おくのほそ道)とある。登る途中、この弥陀ヶ原で食事を摂ったらしい。強力というからには重い荷物も運んでくれそうだ。ガイドも兼ねていたかもしれない。

|

« 山に登る | トップページ | 月ノ山② 伝言ゲーム »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
うわーこの黄色い花は何?
キスゲ?
まだ雪が残ってるんですね
すごーい!
でもここは緑風が吹いてる~
弥陀ヶ原・・・読み方は?

☆エフさん こんにちは♪
時期がいいとこの弥陀ヶ原(ミダガハラ)には一面
黄色いニッコウキスゲ・ユリ科が咲くと思われます
雪!斜面を登るにの必死で雪をしみじみ味わうことが
できなかった
手にとることもできなかった
しかし、湿原の緑は美しいものでした
<グールドの帽子>

投稿: エフ | 2010年7月 9日 (金) 22時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山に登る | トップページ | 月ノ山② 伝言ゲーム »