« 晴読雨読ときどきシイタケ | トップページ | 犬の力 »

2010年5月 9日 (日)

メイ・ヨーク ネパールをゆく

20100509_144

メイ・ヨーク特派員からメールが届いた。ネパールに着いた途端、赤シャツ隊の抗議行動(共産主義思想の毛派が首相退陣を求め飛行機をはじめほとんどの交通機関をストップさせた)に遭遇した。以下はそのレポートである。

ネパールではたびたびストライキが起こることがあるそうですが、
いつもなら1日くらいで収まるのが、今回は長かったようです。
今回の旅行はネパール人がガイドだったので現地の状況を今までの経緯と合わせて
割と正確に把握することができたように思います。
実際はお祭り騒ぎのような感じで特に怖い思いはしませんでした。
帰りの機内の読売新聞に「ネパールの毛派行動激化」とあり、
また松明を持った人々だけがクローズアップされた写真として掲載されていたのを見て
初めて、実際の様子と違うものの、こんな風に報道されたらすごく心配するだろうなあと
思いました。
マスメディアはともすれば多角的に見えなくする一面もあるので、
その報道の仕方は難しいなあと・・。


車は通行止めとなり、初日を除くほとんどすべての観光地を歩いて廻りました。
1日10Kmは歩いたと思います。非常に疲れました。
が、人々の生活が垣間見れてとてもよかったです。
車が走っていないせいか、よりゆったりしたカトマンドゥの雰囲気に浸れました。
ヒンドゥー教と仏教が混在していてそれをよしとする寺院や人々、
道路を牛が普通に歩いていたり、牛は食べちゃいけないけど水牛は食べてもOKという
よくわからない宗教観、365段の階段を登れば1年間お参りしたことになる寺院等々、
独特の「ゆるさ」が心地よかったです。
(ネパールにて、メイ・ヨーク 写真・ブッチ氏)

|

« 晴読雨読ときどきシイタケ | トップページ | 犬の力 »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

⑤ メイ・ヨーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晴読雨読ときどきシイタケ | トップページ | 犬の力 »