« 掃除をしよう | トップページ | チューリップの彼女 »

2010年5月 4日 (火)

白樺派

20100502p1310091

白樺派(教科書に出てくる)、武者小路実篤は晩年、野菜の絵を色紙に描いた。武者小路の小説『友情』を読んだかどうかはもう忘れてしまったが、絵の野菜は脳裏に思い浮かべることができる。描かれた野菜たちは皆笑っていた。
一方、シイタケ派フクミミがカボチャを持って何日かうろうろしている。フクミミはこってりと絵具を筆に盛り水彩で板絵を描く。絵を描こうと思い立った最初の頃から板がキャンバスだった。近年になり長く親交があった知人たちに板絵を配ることが多くなった。
「もっていけ、かたみ代わりだ」交友なくしてフクミミに人生はない。

|

« 掃除をしよう | トップページ | チューリップの彼女 »

⑥ ドン・ペロリ・フクミミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 掃除をしよう | トップページ | チューリップの彼女 »