« フクミミ 絵具を買う | トップページ | ドップ »

2010年3月 7日 (日)

追いつこう

20100307_p1270486

回を重ねるテレビドラマに追いつこうと一週間前、小説『不毛地帯』を読み始め、昨日ようやく追いつき、そのまま読み終えた。文庫本五冊を重ねると厚さは90ミリになった。ドロドロのち、ふぅー、という感じである。
主人公、壹岐正(いきただし)は先の大戦において大本営陸軍参謀として指揮を執り、大戦終結から11年もの間シベリア抑留生活を送る。苦難の末、帰国した後、大阪の商社に入り次期主力戦闘機選定、自動車の外資提携、最後に中東の油田開発に携わる。特に第一巻をほぼシベリア抑留に費やし、その悲惨な毎日を克明に描く。
社会性を帯びた題材の暗部は面白く、登場人物の性格設定が巧みだ。官僚は権力を笠に着、政治家や大物右翼は砂糖に群がるアリのように金の匂いに敏感だ。
加えてライバル商社、鮫島の悪辣な競争心、壹岐の上司にあたる副社長里井のジェラシーと敵満載である。彼らの壹岐への執着、嫉妬が強ければ強いほど物語は盛り上がる仕組み。
山崎豊子の作風に好き嫌いはあるだろうが、この国の戦争体験者と経済復興を377名もの関係者に取材しまとめあげた著者の力量には凄いものがある。

|

« フクミミ 絵具を買う | トップページ | ドップ »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フクミミ 絵具を買う | トップページ | ドップ »