« スペンサーとホーク | トップページ | 熾烈なバトル »

2010年2月11日 (木)

インビクタス

20100211_p1260937
『インビクタス』は南アフリカを舞台とし、この国初の黒人大統領となったネルソン・マンデラとラグビーのワールドカップを題材とした映画である。題名の「インビクタス」は“征服されない”の意。
クリント・イーストウッドは前作『グラン・トリノ』で新たな境地を見せたと思う。今回の『インビクタス』も小細工をしない悠然とした演出が生きている。わざとらしさがないのがいい。主役のモーガン・フリーマンはマンデラの強く熱い意志―なにせ、マンデラは政治犯として27年も刑務所に入れられた―を見事に演じ、モーガン本人の人柄の良さが滲み出る。マット・デイモンは胸が厚く、ラグビーをやる身体を作ってこの作品に望んでいる。大統領とラグビーチームのキャプテン、この両者の出会いからを見ていていくうちに心が暖かくなる。音楽にも幸福感が感じられた。希望を諦めてはならないと感じさせる映画である。

|

« スペンサーとホーク | トップページ | 熾烈なバトル »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スペンサーとホーク | トップページ | 熾烈なバトル »