« 動物園ノススメ | トップページ | 七草 »

2010年1月 6日 (水)

雲飛び馬走る

20100103p1250910

年末年始に見たテレビドラマで印象的だったのはNHKだが『坂の上の雲』と『龍馬伝』である。どちらもとてもお金をかけておりへたな映画もかなわない。まず、映像が凝っている。照明を極力、自然光に近づけているし、フィルターかデジタルの色調整かはわからないが映像として個性を出している。カメラも手持ちで臨場感がある。『龍馬伝』では岩崎親子が背負う鳥カゴの土ぼこりが盛大でいいし、衣服や手足の汚れにも抜かりがない。爪の中の泥まで充分に見せている。それらが時代をドラマを奥深いものする。そして、今後は演出と役者の力量が試されることになる。それにしても香川照之、映画にテレビにこれだけ使うわけである。
NHKの大河ドラマは往々にして最初ばかり屋外ロケが多く、すぐにスタジオのセット撮影になっていく。まあ、当初の番組宣伝や予算とスケジュールでいたし方がないとも言えるがそこがつまらない。可能な限り屋外に自然にへばりついた役者の演技が見たい。
あれ?番組欄の視聴者の声になってしまった

|

« 動物園ノススメ | トップページ | 七草 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 動物園ノススメ | トップページ | 七草 »