« すぐそこの冬 | トップページ | メイ・ヨーク、<ポーの国>を走る »

2009年12月 8日 (火)

結婚相手

20091208_p1210312

<ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール>というのがアメリカ、テキサス州であり、この国から参加したピアニスト辻井伸行さんが優勝したのが今年6月のことだった。少し前になるがこのコンクールの模様ををNHK教育テレビで見る機会があった。
同じコンクールに参加していた韓国の女性ピアニストが予選で選んだ『プロコフィエフのピアノ協奏曲二番』について「この曲に出会ったことは自分の結婚相手にでも出会ったような感じ」と話していた。それほど惚れ込める曲に出会えたということは幸せなことだ。いつか、CDなんかじゃなく生で聴いてみたいものである。

|

« すぐそこの冬 | トップページ | メイ・ヨーク、<ポーの国>を走る »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

コメント

 ひさびさに来てみましたが、うーーーん……すばらしいお写真ですね〜。どれも思わず見とれてしまいますよ。

 グールドの帽子さんは、すっかりイナカーナの宮沢賢治になってしまってますね〜〜。

 私は、今年のクリスマスは、パリですわ〜。どーなんだろー??? オペラ座でバレエ『くるみ割り人形』を、それから、もう1個は、20区で、前衛っぽい芝居を観る予定ですが……。

 たったの3泊の「弾丸ツアー」です。

 メリークリスマス!!!

PS:

 最近は、犬と映画が合体してます↓。時間節約のため(笑)。
 http://womanlib.at.webry.info/

今年の芝居は、「大人計画」松尾スズキの『さっちゃんの明日』がサイコーでした。題名はNHKの朝ドラふうで、中身はのけぞるほど過激でした……(見ないとわからんだろーなー)。

☆学生時代、アテネ・フランセに行かれていた晴代さん、こんばんは♪
クリスマスにフランス、しかもオペラ座とは聞き捨てなりませんが
屋根裏の怪人にはくれぐれもご注意ください

黒犬はもうすっかり大人でしょうね
生協の配達のお兄さんはお元気でしょうか

イナカーナは芝居が来ないので今の演劇事情はさっぱりわかりません
ですから、せいぜいNHK教育で見るくらいです
古いですが「焼肉ドラゴン」は面白かったです
<グールドの帽子>


投稿: 山下晴代 | 2009年12月 9日 (水) 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すぐそこの冬 | トップページ | メイ・ヨーク、<ポーの国>を走る »