« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月31日 (木)

暮れてゆく

20091230p1250846

今年最後の日というのは忙しいようで暇で何をしても中途半端になる。FMラジオでは朝からアコーステックギター特集でエリック・クラプトンなんかを聴いていると気持ちがよくなり眠くなる。
風が吹いている。アラレや雪がちらつく。家中のカレンダーを新しい年のものにする。日が暮れてゆく。

| | コメント (1)

2009年12月30日 (水)

ユズリハ

20091230p1250802

あれほど降った雪もこの数日であらかた消え、年末を迎えている。門松のような豪華なことはしない習慣、毎年ユズリハを門の両端に立てる。ずいぶん質素なものだ。神棚に供える餅、新しい紙飾りもシェフが揃えた。本も何冊か炬燵に積み上げる。ここにきて大掃除は諦めた。とたんに気が軽くなるから不思議なものである。

| | コメント (0)

2009年12月29日 (火)

日の残り

20091229_p1250477

日の残りがなくなり正月の食料を買いにゆく。伊達巻き、栗きんとん、カップラーメン、レトルトカレー、・・・コッペパン。パスタは作っても不評なのでよした。
帰りの車から窓越しに見たハクチョウは泥チョウになって田んぼで餌を捜す。雲が早い、天気が荒れそうだ。

| | コメント (0)

2009年12月28日 (月)

残念なことに

20091228_p1250699

残念なことにケーキはもう一切れも残ってはいない。来年のクリスマスもモンブランになる可能性は否定できない。

| | コメント (0)

2009年12月27日 (日)

鍵をなくしたフクミミは

20091227_p1250788

宴会を終えて離れから家になんとか辿り着いたものの、フクミミは離れの鍵の行方がわからない。夜中に本宅に戻り、いつもの柱のいつものフックに確かに引っ掛けた筈なのだ。その鍵を今朝、起きぬけから捜すが見つからない。家族はまたかという冷ややかな視線で眺めている。思えば何個もあった鍵をフクミミはものの見事になくしてきた。なくしたものはしょうがないが最後の一個となるとこれも困る。フクミミは今、“己の沽券”と“家族からの鍵の情報”とを秤にかけようか迷っているところだ。

| | コメント (0)

2009年12月26日 (土)

アバター

091015p1220465

さて、気になったので映画『アバター』を観にいく。残念ながら3Dではないがそれは面白い世界を見ることができた。まず、アバター(分身)のでかいのがいい。オーッという衝撃がある。もと海兵隊の下半身不随の主人公ジェイクがアバターの体を初めて得た時の再び歩ける驚きと喜び。彼がナヴィ族の娘ネイティリとの出会いとその種族の知恵と生き方を教わる体験の数々。ミステリアスな森もそこに住む凶暴な動物も創造的である。とりわけ、娘ネイティリの表情が見事。青い肌、ヒョウのような強い眼と太い鼻筋を持つ娘の感情をあれほど描けることに感心する。
この映画は監督であるジェームズ・キャメロンの類稀な構想とそれを映像として技術を駆使し達成できた成果と言える。構想倒れにはなっていないが唯一ストーリーは類型から飛躍することが難しかった。娯楽として愉しんで見た。

| | コメント (0)

2009年12月25日 (金)

心変わり

20091225_p1250516

12月初め予約のため受話器を取り上げるまでクリームチーズケーキに決めていた。それが、口を突いて出たのがWマロン・ノエルと名付けられたモンブランになった。モングランにはどうも弱い。子どもがいないとクリスマスは盛り上がらないがそれも昔充分に楽しませてもらった。クリスマスの静かな夜。

| | コメント (0)

2009年12月24日 (木)

クリスマスの七面鳥

20091224_r1459621_2

家人からの要望があり、私は近郊のショピングセンター内のカウンターでチキンのフライを待っている。今は見かけないが店の前に白いヤギ髭をした蝶ネクタイ紳士の人形が立っていたあのチェーン店である。すでにお得なセットはすべて売り切れだったので、普通を6ピースとビスケット3個を頼んだところだ。「ご一緒にお飲み物のご注文は?」と言われたが甘そうなシャンパンもどきだったので断った。
このシーズンになると思い出すのが七面鳥である。昔、フクミミは七面鳥を飼っていた。ペットでも観賞用でもなく“贈答用シチメンチョウ”である。半年ほど餌を与えられた七面鳥はクリスマスには肉になりパック詰めにされフクミミの知り合いに配られた。フクミミは今やっているシイタケのように自らが手をかけたものをお世話になった人に贈ることに意味を見い出す人間である。ところが、当時の私はあの存在感のある七面鳥の姿が目に浮かびその肉を食べることができなかった。七面鳥を片手にフクミミは人を集めクリスマスとも忘年会ともつかない宴会で連夜、盛り上がった。
時は流れ、私はKというチェーン店でフライドチキンを待っているところだ。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

乾いて

20091209r1459483

ドライアイになる。「もちろん、あなたを見つめ過ぎたためである」残念ながらこれでもない。
本、パソコンはほどほどにしよう。眼科の会計で人工涙を4本渡され、意識して“まばたき”を増やすように言われる。うなずく替わりにパチッ、パチッ二度まばたきをしてみせた。

| | コメント (0)

2009年12月22日 (火)

冬至

20091104_p1230385

「冬至のくせに雨になる。逃げ出すとはなさけない寒気だ」
天気をからかいながらシェフは冬至かぼちゃを作る。お風呂にもゆずも入れた。それにしても、今年のミカンは早く痛むのが多かったし、いただいた干し柿もいつもの年のように白い粉が見事なまでには吹いていない。失われてゆくものが年々多くなる気がする。

| | コメント (1)

2009年12月21日 (月)

森ん中 雪ん中

200912103p1250046_2

暴落、恐慌、不況、失業率、ふぅー、人は大変だね。強欲で愚かな過ちを繰り返し、そのしわ寄せは弱いものを直撃する。俺たちはどうかって?もうたくさん陽も浴びたし食ったしさ、森ん中雪ん中でいい気持ちさ・・・。

| | コメント (0)

2009年12月20日 (日)

夜の攻防

200912192p1250425

部屋には三方に窓があり、北西に面した窓から夜間の冷気がとくに強い。そこで、畳み大の薄い発泡スチロールがあったことを思い出し、夜、戸外の納戸から探しだした。それを窓ガラスとカーテンの間に設置する。冬将軍の進入を防ぐ夜の攻防である。

| | コメント (0)

2009年12月19日 (土)

牛に曳かれて

20091219_p1250384

フクミミ若くして父親を亡くし、尋常小学校を出るとすぐに働き始めた。貧しい中でやりくりしたが好きな本はよく読んだ。ある時、離れた山へ焚き木を買いに出かける機会があり、飼っていた牛を伴い荷車を曳かせた。目的の焚き木を求め荷車に山積みにした帰り道、ふと牛を前に歩ませた。すると牛は自分の帰る町がわかるらしく勝手に先を進んでゆく。「これなら、大丈夫だ」フクミミは牛に荷車をまかせ、ふところから本を取り出すと歩きながら読みはじめた。牛に道ををまかせ読書しながらゆっくりとついていったものだ・・・フクミミは焼酎を飲みながら遠い日のことを話す。
ところで、隣り州の小学校の玄関近くに焚き木を背負ったニノミヤ像を見かける。もし、この像のニノミヤ氏より先にフクミミが生まれ有名にでもなっていたら、“焚き木を載せた荷車を牛に曳かせ本に読
みながら歩くフクミミ”がこの国の小学校の像になっていたかもしれない。
しかし、像の制作費がばく大なため事業仕分けで真っ先に廃止されることになる。

| | コメント (0)

2009年12月18日 (金)

真冬日

20091218_p1250395

朝、車のタイヤが道路の氷を砕く音で目を覚ます。昨日は日中、気温が緩み溶けた雪が夜間、氷になった。そのまま今日は積雪は少ないものの真冬日となる。

| | コメント (0)

2009年12月17日 (木)

止まらない

20091217_p1250357

雪になり雪になり雪になり、雪かきが止まらない
屋根の雪はすでに60センチを越えた
悲鳴を上げている庭木の雪をスノースコップで落としてやる
お辞儀の枝がビョーーンと姿勢を戻す
時に手を休め、ふぅ、また雪かきをする

| | コメント (0)

2009年12月16日 (水)

ウインター・アルバム

20091216p1250308

朝6時前、窓の外を走る回る除雪ブルトーザーで目を覚ます
スティング、エンヤの歌声がかき消える

| | コメント (1)

2009年12月15日 (火)

雪の翌朝

20091215_p1250165

雪の翌朝、気温が緩んで朝のキラキラ

| | コメント (0)

2009年12月14日 (月)

雪になる

20091210p1250035

朝の雨がなんとなくゆっくり落ちるなと眺めていたら昼近く雪になる。近ごろの天気予報は正確でどうもいけない、面白みがないと口で言いつつ内心喜ぶ。
これだとあの森も雪だろう。枯葉たちもようやく心地よい冬の眠りに就けそうだ。

| | コメント (0)

2009年12月13日 (日)

空飛ぶ家

091113_r1459303

映画『カールじいさんの空飛ぶ家』を観た。この映画、最初に短編のおまけがある。動物の赤ちゃんを作る雲とそれを運ぶコウノトリのやりとりなのだがディズニーアニメのお家芸を思わせる手を変え品を変えたアイデアで見せてくれる。それが愉しい。
本編、少年カールは活発エリーと出会いやがて結婚、その幸せと悲しみを見せる。振り返る人生なんてアッという間だ。10分後には少年カールはりっぱな頑固じいさんになっている。さて、ここからカールじいさんと押しかけボランティア少年との冒険が・・・とストーリーはこんなところで。
冒頭、カールとエリーが出会って口にする「冒険(ぼうぉけん)」の言葉のなんと魅力的なことか。未知なる世界を夢見る二人の目は輝いている。ジュースの栓なんていうのは子どもにとって最大の勲章だ。カールじいさんの顔、シャツ、ネクタイはアニメなのに布の質感。窓の外を鮮やかな風船と家が上昇していく情景の見せ方も巧み。犬の翻訳首輪の使い方も面白い。ラストクレジットまでとことん細部がうまい。
ストーリー担当が3人クレジットされているためか後半はアクションの見せ場に徹している。世界を市場とするとこうならざる得ないか。が、大人を泣かせる冒頭と後半の冒険活劇をうまく作品として収めた。
子どもの頃、ボクたちはどんなことを夢みたのか思い出す手がかりにもなる映画だぞ。

| | コメント (0)

2009年12月12日 (土)

ランチ

20091210_p1240874

「今日のランチは田んぼでいいわ」彼女は言う
ランチに限らず朝から晩まで田んぼでモミか虫なのだが
そんなことはおくびにも出さずに私は大きく羽ばたく

| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

洋なしシャリシャリ

20091211p1240572

音楽のCD が付録につく雑誌をつい買ってしまう12月
古楽とジャズ、どちらを聴こうかと考えながらシャリシャリ洋なしを剥く

| | コメント (1)

2009年12月10日 (木)

大黒さま

20091210p1240765

昨夜はイナカーナの風習で台所の神様である<大黒さま>へお歳夜のお膳を供えた。
大黒さまのメニューはお膳を正面から見て、真ん中に黒豆のナマス、左上が焼き豆腐の田楽、右上がハタハタ田楽、左下に黒豆ごはん、右下が納豆汁という配置になる。豆づくしの料理で大黒さまに今年の健康を感謝し、来年もよろしくと祈念するのである。
魚偏に雷と書いて『鱩』、ハタハタは雪が降る直前にカミナリとともにイナカーナの海に押し寄せる。炭火で焼いた子持ちハタハタに砂糖の入った味噌を塗り田楽で食べるのも香ばしくていけるが、湯上げしたハタハタにすりおろした生姜と醤油で食べると淡白な白身と合いこれもよろしい。

| | コメント (1)

2009年12月 9日 (水)

メイ・ヨーク、<ポーの国>を走る

20091209_042

「シンガポールマラソン(ハーフ)、昨日無事完走しました~!!
走ったり歩いたりで推定時間3時間25分…まあまあかな?
当日は曇りでとても涼しく、一番の懸念材料だった暑さと戦わずにすみました。
朝から炭水化物を取ろうと、塩とゆかりのおにぎりをブッチ氏4個、アタシ3個、
そしてシェフお手製の梅干しを食べて行きました。
梅干しは途中で食べようと2個持参していったよ。とてもおいしかったです。」
ポーの国>の41階に住むメイ・ヨークからメールが届いた。メイ・ヨークは来年、フルマラソンに挑戦すると言う。それまで、梅干しは足りているのだろうか。

| | コメント (1)

2009年12月 8日 (火)

結婚相手

20091208_p1210312

<ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール>というのがアメリカ、テキサス州であり、この国から参加したピアニスト辻井伸行さんが優勝したのが今年6月のことだった。少し前になるがこのコンクールの模様ををNHK教育テレビで見る機会があった。
同じコンクールに参加していた韓国の女性ピアニストが予選で選んだ『プロコフィエフのピアノ協奏曲二番』について「この曲に出会ったことは自分の結婚相手にでも出会ったような感じ」と話していた。それほど惚れ込める曲に出会えたということは幸せなことだ。いつか、CDなんかじゃなく生で聴いてみたいものである。

| | コメント (1)

2009年12月 7日 (月)

すぐそこの冬

20091205p1240468

あずきはぜんざいがいいか
黒豆は煮豆にしようか
里芋は家族の中で嫌うものもいるが体にいいので・・・
すぐそこの冬を控えシェフは豆芋いろいろ考えている
年代がわかるって?
それもいい

20091205p1240459

| | コメント (1)

2009年12月 6日 (日)

ねことアヒル

20091130p1240139

師走になりCMでねことアヒルがサンタになって夜空を飛び、クリスマスプレゼントを配っている。一緒になって歌うのだが、最後にはどうしても「ペキンねこダック」になってしまうのだ。

| | コメント (0)

2009年12月 5日 (土)

ガラスの向こう

20091205p1240381

ガラスの向こうでは風が強く吹いている
強風、波浪ふたつの注意報がでる

| | コメント (0)

2009年12月 4日 (金)

世界だあーい地図

20091130p1240216

本屋を覘いたら「世界地図」があった。“だあーい”地図である。国それぞれの地図が新聞紙大で紹介され、世界遺産まで掲載している。地図の見方のひとつを挙げるなら、かつて訪ねた都市から都市への距離感を掴むことができる。例えばハンガリーはブダベスト、ドナウ川を挟んで西側のブダ地区と東側のペスト地区に別れ、このふたつの地区にかかるくさり橋で有名な美しい都市である。橋の近くブダ地区にマーチャーシュ教会という世界遺産があり、そこから少し歩いたところのホテルの壁を指し示しローマ帝国の痕跡が残されていると現地ガイドは説明する。私を含めたツアーメンバーは壁を見上げて「こんな遠くまでローマ帝国の勢力が」と口を揃えて驚くが、ヨーロッパ全体を俯瞰し日本と比較すればブダペストとローマはそれほどの距離ではないことがわかる。ヨーロッパ圏の多くの国はこの国の北海道から九州に出かけるほどに近く密集している。逆に視点を変えれば、日本はよほど長い距離を持つ国とも言えるが・・・。
確か昨年「ルネサンス美術館」という分厚い本にやられた覚えがある。この出版社は大きくて分厚いもの好きをくすぐるフシがある。森でひと休み、耳を澄ますとキツツキが「カン、カカン!」(訳:注、注意!)と木を突く。

| | コメント (0)

2009年12月 3日 (木)

月ノ夜

20091130p1240185

煌々と眩しいばかりの月が上がって、それは二晩続いた。やがて月は雲に飲み込まれ夜半には雨がトタン屋根を打つ。今ごろ、森の獣たちはどんな夜を過ごしているのだろうか。それとも、すでに冬ごもりに入ったのか。
明けた早朝、ラジオからいきものがかりの「YELL」が流れた。

| | コメント (0)

2009年12月 2日 (水)

たわいないこと

20091130p1240166

百名山を踏破しようとしている友人がいて「険しい山だと何か考えるどころではない、命がけで必死に登るだけで手一杯だ」と言っていた。その点、私が散歩する山は、というよりは森ははラクチンで「小日向文世と堺雅人は笑うと似てる!」などたわいないことを考えながら歩く。

| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

森を歩いた

20091130p1240207

何に驚いたのか池のカモたちが一斉に飛び立つ。小石交じりの坂道で足を止め、驚かせた正体を確かめようとするのだが途中の木々が邪魔して見えない。日の当たる道から沢に入り山陰を歩く。人の歩く山道は激しい雨の日は雨道となる。その雨と一緒に流れた枯葉が山道を覆う。落ちてまもない新しい葉も混じる。沢から急な登りを経て一息つくために切り株に腰を下ろした。お茶のペットボトルはあいにく車に忘れてきたのでただ座っていると木を打つ音はキツツキ。音を捜したらようやく姿がに見えるほどに遠い。彼らはくちばしと首の骨が頑丈なのかあれだけ硬い木を突いてもノウシントウを起こさない。感心したいのにお茶はない。
この季節に珍しいことなのだが柔らかな陽射しの中、森を歩いた。

| | コメント (1)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »