« 蕎麦の季節 | トップページ | ジェイソン・ボーン »

2009年11月 3日 (火)

フクミミの板絵

091022_r1458810

夜半、トタン屋根をアラレが打つ。寝ながら自然が移り変わる音を聞けるというのは幸せなことだ。
フクミミは好きで板に絵を描くことがある。昔、職を離れてから同好のトラ仲間と絵や書の展覧会を開くようになった。板そのものに描くのが珍しいのかローカル局のテレビが取材に来たこともある。題材とした中でかぶは気に入ったのか描くことが最も多い。以前、休耕田を利用し自らかぶを栽培もした。秋終盤に収穫する赤かぶは雨が多いとかぶに付いた泥を取り除くのが大変だった。引きちぎった葉で丁寧に泥をふき取ったかぶは近くの漬物工場へ売った。
友人などに頼まれて板絵を描くとその御礼は言わずもがな“酒”である。

|

« 蕎麦の季節 | トップページ | ジェイソン・ボーン »

⑥ ドン・ペロリ・フクミミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蕎麦の季節 | トップページ | ジェイソン・ボーン »