« 臨時増刊号 | トップページ | 急ぎ働き »

2009年10月25日 (日)

この面倒な

091017_p1220672

趣味のことなど少し。寒くなるとレコードを真空管のアンプで聴くことが多くなる。二十数年前CDプレーヤーが出てレコードが煩わしくなり、早々にレコードプレーヤーを手放した。新たに手にしたCDプレーヤーはしごく便利なもので、なんといってもノイズがないことに感心した。それ以来数多のCDを購入し、一度だけしか聞かなかったCDの何と多かったことか・・・。
そして、時は坂道を転がる石のようにアーーーッと流れ、いつのまにかレコードが復活した。ドイツやイギリスの盤が多い。レコードは片面が25分くらいと聴くにちょうどいい長さである。しかも、滑らかで暖かい音がする。ストレスがなく疲れない。時々、ブツプツ言うががノイズも音の味わい。高価なので人に勧めることはしない。

秋の深い夜、紙ジャケットからレコードを取り出しクリーナーでホコリを取る。毛ブラシで静電気も取り除く。レコードをターンテーブルにおもむろに乗せ、その上に重しを乗せる。プレーヤーの回転が安定したら針を慎重にそっと盤に落とすが、老眼でよく見えぬ。急ぎボリュームを上げ、針が飛ばないように抜き足差し足で黒皮ソファーに戻り身を沈める。
アナログレコードを聴く、この面倒が面白い。

|

« 臨時増刊号 | トップページ | 急ぎ働き »

⑧筆者 」カテゴリの記事

コメント

グールドの帽子さん、こんばんは。
夏頃好きになったタンゴ熱が冷めやらず、
この間出かけた時に、タンゴの聴ける喫茶店に行ってきました。
とても居心地がよく、タンゴの音色も心地よく、とてもいい時間でした。
帰りにお店の人に今日かかっている曲は何か聞いたところ、
沢山のアナログレコード並ぶの棚から一枚取り出して
教えてくれました。
まろやかないい音だと思っていたのはアナログだったからなんだなと
記事を読んで思い出しました。
料理なんかはよく「こんなに簡単」というものの作り方を
TVでやったりしていますが、
やっぱり手間をかけた丁寧な料理は断然美味しいと思います。
カメラも料理も音も、面倒でもひと手間ふた手間のアナログが
愛着も感じるし面白そうですね。

☆aniseさん こんばんは
いいですねタンゴ熱、踊るのは大変ですが
音楽は聴くだけで楽しめます
タンゴと言えば私はピアソラで寺井尚子のコンサートでも
彼の曲が最も素敵でした
クラシックでは少し古いですがギドン・クレーメルの
「ピアソラへのオマージュ」というCDがスタイリッシュで
良かったです
ブエノスアイレスあたりでタンゴ見たいな、でも遠い
<グールドの帽子>

投稿: anise | 2009年10月25日 (日) 17時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 臨時増刊号 | トップページ | 急ぎ働き »