« 見えない敵 | トップページ | 夜の雨 »

2009年9月 9日 (水)

サーカス 鉄球篇

090908_r1457303

幼い頃、初めてサーカスを見に海坂の城跡公園へ叔母に連れていってもらったことは先に書いた。その折のことである。空中ブランコ以上に期待した出し物があり、それは巨大な鉄球の中をバイクが走るというアトラクションだった。鉄球は表面が網目状で空洞の内部が透けて見え、テントの梁にも届こうとする高さだった。確か映画『マッドマックス』シリーズにそんなドームの中で闘うシーンがあったと記憶している。
演目も中盤、テントの中に悠然と登場した陸王クラスの大型排気量バイクは場内を周り観客にまざまざとその勇姿を見せた後、開けられた扉から鉄の球に入る。バイクは最初、球の下をゆっくり回り走りはじめ、徐々にスピードを上げていく。やがてスピードに乗ったバイクはバルルルルと太い咆哮を響かせ、同時にマフラーから紫煙を吐き出し鉄球内部を斜め上へ回り始めた。ついに勢いを増したバイクは鉄球内頂点を真っ逆さまにグルグル回りはじめる。タイヤと鉄の接触が轟音となりバイクは鉄球と一体となる。するとバイク乗りは豪快に笑い、首に巻いた白いマフラーは真後ろになびく・・・筈であった。
「バイク乗りが病気で入院のため本日のアトラクションは中止します」とテント内にアナウンスが流れ私の大きな期待は口を開けて飛ばされた風船のようにしぼんだ。
鉄球の中で豪快に笑うバイク乗りが病院のベッドで弱々しく点滴を受けている姿にオーバーラップし、椅子から浮いた私の足はなぜかブラブラ揺れるのであった。

|

« 見えない敵 | トップページ | 夜の雨 »

⑧筆者 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 見えない敵 | トップページ | 夜の雨 »