« 半七 | トップページ | 郵便です! »

2009年7月12日 (日)

木の葉は緑

090712_p1180924

And the Leaves That Are Green turn to brown,
(緑の木の葉は茶色に変わっていく)
この歌詞の季節にはまだずいぶん時間があるが
サイモン&ガーファンクルが来日公演をしている。
新聞で来日を知った時には行く行かないと迷った。
ポール・サイモンのギターテクニック、アート・ガーファンクルの高音の声。
ふたりのハーモニーに魅せられた高校生の私は
歌詞の意味も深さも知らないで彼らの歌を口ずさみ13分かけて通学への駅まで歩いた。
Are you going to Scaborough Fair:
Parsley,sage,rosemary and thyme,
(スカボローの市へ行くのかい パセリにセージにローズマリーにタイム)
ハーブも知らない高校生はセージ、ローズマリー、タイムは
てっきり女の子の名前に違いないと「スカボロー・フェア」も歌う。
この歌は映画「卒業」で印象的に使われておりダスティン・ホフマンが
運転する車が橋を渡る空撮シーンに流れる。
有名なラストシーン、花嫁を奪うダスティン・ホフマンが
教会のガラス越しにエレーーンと叫んだのは何回?
そんなクイズもあった。
それにしても「サウンド・オブ・サイレンス」のドラムは変だった。

※歌詞は「SAIMON AND GARFUNKEL  COLLECTED WORKS」
(CBS)より引用させていただいた。


|

« 半七 | トップページ | 郵便です! »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

⑧筆者 」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 半七 | トップページ | 郵便です! »