« ゴーギャンのように | トップページ | 奥ノ雨道 その五 »

2009年7月23日 (木)

奥ノ雨道 その四

090718r1455873

「この舟降りたら、どッこ奉公しようっかなぁ」
メイ・ヨークはのんきなことを考えながら塩振りの焼き鮎にパクついた。
メイから少し前の離れた舟べりに濡れ鼠の
二人連れが座っている。
男二人はずいぶんと痛んだ笠を脇に置く旅人姿。
日に焼けてはいるがどことなく品もあるので江戸者だろうか。
イナカーナでは近年、どこの時代からやってきたのかタイムスリップした人をよく見かける。
杖をそばに置いた年上の男はこの雨なのに煙る山や増水した川をにこやかに
飽くことなく眺めている。もう一人は従者だろうか、主より若く振る舞いも軽い。
その従者がときどきアタシの方を見る。
アタシの魅力かそれとも塩焼き鮎の香りのせいか・・・。
再び空が破れたような雨が舟を打ち、もう雨粒というよりは雨の矢だ。
激しい雨足が川を縦横に走り、「見たか、どおーだ!」と舟に咆えた。

|

« ゴーギャンのように | トップページ | 奥ノ雨道 その五 »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

⑤ メイ・ヨーク」カテゴリの記事

コメント

おはようございます♪
タイムスリップ人まだ見たことないです
見る能力が欲しい
日食めがねのように誰か開発してくれないでしょうか

☆エフさん おはようございます
タイムスリップ人、ナガサーキは多いと聞いてますがわかりませんか?
普段、タイムスリップ人は普通の格好で人混みに紛れ混んでいます
一番簡単な見つけ方はビルの中でキョロキョロしている人がいたら
エスカレーターに乗ろうと誘います
まだ、エスカレーターに慣れていない彼らは不安がり腰が引け
乗っても脇のベルトにしがみつきます
たまに、エスカレーターを全く怖がらないタイムスリップ人も
いますがこの場合、未来から来たと判断しましょう

そちらナガサーキは雨がひどそうですが
エフさんもお気をつけください
<グールドの帽子>

投稿: エフ | 2009年7月25日 (土) 08時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーギャンのように | トップページ | 奥ノ雨道 その五 »