« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

四月の終りに

090419_p1140678

この四月は理由あって例年にないほど桜を見た。
主に海坂とその近在だが天気に恵まれたこともある。
夜桜も何度か覗き、日中は見ることのない高校生が夜店に
吸い寄せられていた。
あん玉、クレープ、行列は行列を呼ぶ。
夜桜で気になったのは邪魔な電線と照明の拙さ。
住む者、観光客どちらにとっても趣ある景観と空間にして欲しい。

桜を満喫した四月の終りに。

| | コメント (1)

2009年4月29日 (水)

こごみ

090428_p1150327

朝から元気なこごめだ
エルヴィス・コステロに似てる・・・気がする
イナカーナでは<こごみ>のことを<こごめ>と呼ぶ
こごみ、こごむ、こごめ、山菜も変化する
「ゴマ和えのおひたしがここにも」
裏の畑でシェフは手を伸した

| | コメント (0)

2009年4月28日 (火)

ワッ!

090424_1p1150047

家が古いと和になる 洋も撮りたい

| | コメント (0)

2009年4月27日 (月)

チンチクリン

090426_p1150099

昨秋、球根をバラで植え付けしたシェフのチューリップが咲く
その中で一区画、雨風に頭を垂れる集団がいる
「そういえば除草剤を一度振ったことがあったかも・・・」と
シェフは思い起こす
新品種チンチクリンの誕生である

| | コメント (0)

2009年4月26日 (日)

グラン・トリノ

090426_r1452529

低気圧が二個、この島国を挟み北上し強く弱く雨が降る
しとどしとどにイナカーナは濡れてゆく
春の花々は雨に打たれ、チューリップが首を垂れている

ついこの前、アンジェリーナ・ジョリーがあの目で訴えかけた『チェンジリング』を
観たばかりだというのに、間を置かずに映画『グラン・トリノ』である。
『硫黄島からの手紙』もいい出来だったし、クリント・イーストウッドが
監督する作品の充実ぶりに目を見張ってしまう。
しかも今回の『グラン・トリノ』はいい具合に肩の力が抜けている。
朝鮮戦争で勲章をもらい、40年間フォードで組立て工員として働き、
その気難しさで息子たちとは溝を作り、妻に先立たれた石頭のポーランドじじい
ウォルト・コワルスキーを70代も終りに近いクリント・イーストウッドが演じている。
物語はシンプルだ。隣りに越してきたモン族の弟と姉と関わることで
世代ギャップや民族の違いで絶妙に笑わせ、最後までこの男の生き方を見せる。
脚本の巧みさ、モン族兄弟の配役、小細工しない演出と三拍子が揃った。
重いフリーザーを階段上へ上げる時に、まさしくうなるクリント・イーストウッドがいい。

| | コメント (0)

2009年4月25日 (土)

椀と花

090423_p1140854

連日、早朝にうぐいすの鳴き声
今朝はこれ以上ないほど完全で美しく澄んでいる
白桃の花が盛りだ椀

| | コメント (1)

2009年4月24日 (金)

散る日々

0904222p4226520

骨董までは手がでないが骨董はるか以前の
(ようするに)作りたての広口の杯を求めた

| | コメント (1)

2009年4月23日 (木)

旅券申請代理人

090417_p1140175

窓口の女性は私が差し出した旅券(パスポート)申請書を見るなり
ぷッと吹きだすと、お腹を抱え笑いを必死にこらえた。
記入漏れと訂正を重ね、足を運んだ旅券申請のカウンターでのこと。
旅券申請代理人である私は三度目の不受理に内心なんてえーことだと世界を罵ったが
やれやれという大人の表情で受け答えをした。
六月に十八回目の中国旅行を控えたフクミミは旅券の切替時期を迎えていた。
私は不備を訂正、訂正し、昨日今日と合計四度、代理人としてこの窓口に出向いた。

もう、窓口の女性とは顔なじみだ。
今度出向くことがあったら、コーヒーくらい出てきそうだ。
ひょっとしたら、イチゴのショートケーキが付くかもしれない。

| | コメント (0)

2009年4月22日 (水)

帽子がない

090421r1452548

私の帽子を被ったままメイ・ヨークは姿をくらました
どこかの国は裏通りの食堂あたりでマッコリを舐め
にッと微笑むメイの姿が脳裏を横切った

| | コメント (0)

2009年4月21日 (火)

つくし野

090411_p1130728

本日より、ここを<つくし野>と命名する
土筆は去年も同じことを言ったことを忘れている
まあ、いッか

| | コメント (0)

2009年4月20日 (月)

TSUBAKI

0904141r1451970

今まで、てっきり冬の季語だと思い込んでいた

| | コメント (0)

2009年4月19日 (日)

じゃがバターの夜は更けて

090416_r1452196

広い城跡には花見の客を当て込んだ夜店が並ぶ
人が並ぶ店とそうでない店はどこに秘密があるのだろうか
クレープ、広島焼き、じゃがバター・・・
どういうわけか、アタシが並ぶと後に列ができてしまう
気を良くしたメイ・ヨークは
次々と夜店の再建を着手していった

| | コメント (0)

2009年4月18日 (土)

イナカーナの四月

090417p1140239

櫻に重ねる悲しみと喜びの四月

| | コメント (0)

2009年4月17日 (金)

濠(ほり)の主

0904141451922

<海坂の濠には>主のようなそれはどでかい真鯉が住んでおる
小雨が落ちる春の午後など何食わぬ顔で
ぐぅーッと首を伸ばして濠の下をワシが覗いていると
その真鯉は家来四匹を連れまわし悠々然と泳いでおった
家来と見えた四匹、案外兄弟、家族かも判らぬが
真鯉という鉛色の文様もない姿形ゆえワシには識別ができぬ
要はその先頭の真鯉があまりにもりっぱで
まさに海坂城の筆頭家老にさえ見えたほどじゃ
どうにも、時代がかる海坂の濠である
(談・濠端の亀)

| | コメント (0)

2009年4月16日 (木)

陣取り

090414_r1451889

春の朝
ブロックかついだメイ・ヨーク
いそいそ出かけてゆきました

| | コメント (0)

2009年4月15日 (水)

海坂の春

090414_3r1451885_2

きのうは<花曇りから午後雨に>なった
春霞を伴った気持ちのいい天気が長らく続いたが、そうは問屋が卸さない 
テケッ、テンテンテン
小雨がひそやかに平野をうす桃色に濡らしていく
春が雨になった

| | コメント (0)

2009年4月14日 (火)

春眠

090413_r1451746

暖かく柔らかな陽ざしに包まれ
春は誰だって眠い

| | コメント (1)

2009年4月13日 (月)

朝な夕なに

090413_1p1130985

朝な夕なに中空の白

090413_2p1130950

| | コメント (0)

2009年4月12日 (日)

天ぷら

090409_p4096401

天ぷらの衣を丁寧にとり除いて
中味の野菜を食べたメイ・ヨークは
翌昼、ケーキバイキングに挑んでいた

| | コメント (1)

2009年4月11日 (土)

ちょっと月まで

090409_p1130671

年末の月旅行の際には無重力用餅つきセットを持参する予定だ
帰り、クレーター脇の月売店で杵(きね)うさぎの
キーホルダーでも記念に買ってこようか
でなければ、かぐや姫レターセットでも・・・
おとといは満月

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

菜の花

090408_p1130601

日中、田畑の遥か上空であれほど鳴いていたひばりたちも
それぞれの巣へ帰り、春霞でぼんやりしていた近在の山際から
満月直前の月も昇りはじめた。
高齢や経費といった諸事情で平野にある畑耕作を断念した老人たちは
その代わりに家の敷地を耕しはじめた。
平野は鍬(くわ)、鋤(すき)、シャベル、土、トラクター、
そして人も喜ぶ春を迎えている。

| | コメント (0)

2009年4月 9日 (木)

ミニスイセン

090408_1purobiap1130575

朝早くから、庭の下の方で何やらひそひそミニスイセンたち
自分たちに朝日があたり始める時間が他の仲間より遅いと不満のご様子
「それは君たちがミニだから・・・」
と言ってあげても納得しないんだろうね

| | コメント (1)

2009年4月 8日 (水)

サンバッ!

090408_p1130589

メイ・ヨークによる世界征服の野望は着々と進んでるサンバッ!

| | コメント (0)

2009年4月 7日 (火)

ドビュッシー

090331_r1451347

やがて、月の光が濃厚牛乳プリンを
やさしく包んでゆきました

| | コメント (1)

2009年4月 6日 (月)

トタン

090403_p1130423

俺もお前のように時の風雨で錆びていくさ

| | コメント (0)

2009年4月 5日 (日)

メイ・ランチ

090331_r1451362

メイ・ヨークは枝豆ごはんとほうれん草のみそ汁をランチで注文した
出てきたランチにおかずがないので周囲は目を見張った
少し迷った後で彼女はコーヒーとチーズケーキのセットを追加
メイ・ヨークの食事バランスはユニークである

| | コメント (0)

2009年4月 4日 (土)

白梅

090403_p1130442

ようやく梅が咲く
なぜか、お茶漬けが食べたくなる

先日、NHKで結城人形座の『破れ傘長庵』の舞台を面白く見た。
糸あやつりによる人形芝居で、この舞台は串田和美と共演。
河竹黙阿弥の作風を垣間見ることができた。
悪人の魅力とでも言おうか・・・。
幕切れと串田の科白に目を丸くしてしまう。
串田は人形と芝居ができて楽しそうだった。
いつだったか、チェコのプラハで同じく糸あやつりの人形劇を見たことがある。
場所は国立マリオネット劇場だったろうか。
開演まで石畳の街を歩き、日が落ちて観た演目は
モーツァルトの『ドン・ジョバンニ』だった。
とても大雑把な動きで、人形はあくまでも人形。
子どもの観客が多く、ブサイクな人形でも結構受けていた。
比べて、日本の人形は限りなく人に近づく。
鉄腕アトムが生まれるわけである。

| | コメント (0)

2009年4月 3日 (金)

絨毯

090403_l1040669

うむ、時間なのに中々飛ばない絨毯だ
(エジプト、カイロ近郊にて)

| | コメント (0)

2009年4月 2日 (木)

水の価値

090331_r1451309

水の豊かな国に生まれたせいか
国内でペットボトルの水を購入する時、抵抗がある
君はどうかな?

| | コメント (0)

2009年4月 1日 (水)

かもめ海岸

090330_r1451150

穏やかさを見せはじめた光はもうすっかり春なのに
海を渡る風はいまなお冷たい
見上げると中空をすーいと切りとるつばさだ
波うち際の陽射しの下に私はたたずんでいる
かもめ海岸の午後

| | コメント (2)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »