« 海坂近郊 | トップページ | 色見本 »

2009年3月 5日 (木)

ピアノの夜

090304_r1450424_2

ピアノコンサートを聴きに湊町のホールへ。
ピアニストの母親の実家がこの街にあり、その縁で弾く。
女性ピアニストは肩を出した渋い臙脂(えんじ)色のロングドレス姿で登場。
プログラムは最初にバッハのシャコンヌ、続いてベートーヴェン、ピアノソナタ、
休憩後にブラームスの幻想曲集という構成だった。
鍵盤を前にしたピアニストは弾きだすまで、しばらく気持ちを整えた。
最初のブゾーニ編曲<シャコンヌ>が良かった。
元々はヴァイオリンの曲だがピアノもいい。
二階席最前列で目を閉じて聴いていたら、曲が進むに連れ
次第に音が膨らみピアノが巨大になってゆく感じがした。
トトロの木がみるみるでかくなる感じと言えばいいか・・・。
ベートヴェンとブラームスは聴き馴染んでいないこともあり、
どうも迫ってこない。
これは聴く側である私の未熟ゆえか。
アンコールはショパン<ノクターン>、音色が美しい。
ヒタヒタ胸に染みた。
最後にアンコールを終えるためピアニストは自らピアノの鍵盤の蓋を閉じた。
観客が納得の笑い声を軽く上げ、コンサートは終わった。

|

« 海坂近郊 | トップページ | 色見本 »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 海坂近郊 | トップページ | 色見本 »