« 風が吹いて | トップページ | フクミミ しいたけ作業を終える »

2008年12月 2日 (火)

シェフカニ合戦

081127_p1100063

カニをもらったシェフは家族の要望もあり
閉じ込めた袋にカニ食事用のカボチャを入れた。
前回、もらったカニを蒸して食べたところ
子を持ったメスがおいしいと好評だったので、
カボチャを食べさせもっとおいしくしようと目論んだのである。
加えて老酒をふりかければ上海ガニの親戚であるイナカーナもずーくガニも
その味は負けない筈だ。
シェフ、若い頃、中国旅行の経験が二度あり上海ガニも食べたが
団体旅行のためか一杯にも満たない半身だったと記憶している。
そのあまりの小ささに味がどうだったのかも忘れた。
そうこうしているうちに、この季節三度目の川で獲れたカニがフクミミ家にきた。
「カニよ、たくさんカボチャをお食べ」
シメシメ、シメシメのメ。
逃げ出さないようにカニを入れた袋をしっかり縛り、
キッチンの電気を消し、眠りに就いたシェフであった。

翌朝、閉じた袋はもぬけのカラで見事にカニは逃亡した。
カニはカボチャより自由を選んだのである。
その後、カニはどうなったかって?
シェフに聞いてみるといい。きっと、面白い話が聞ける。

|

« 風が吹いて | トップページ | フクミミ しいたけ作業を終える »

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

おもしろいw
残念だけど、なんとなくほっとしちゃいました。

私も中国で上海ガニ食べたことありますけど、
たしかに味は濃くて美味しいんですけど、
とにかく殻を剥くのがめんどくさすぎて、
食べるために剥いてるのか剥くために食べてるのかって感じでした。
私には普通に食べれる普通の食事のほうが合ってたみたいです……。

☆miwaさん こんばんは
カニは殻と身くらいしかないくせにとても力があります
同じ体長で綱引きでもしたら人は必ず負けます
今ごろカニはどこのソラの下で旅を続けているのでしょうか・・・

カニは確かに殻剥きが大変です
きっと上海人は剥く労力より食べる意欲が勝っているのでしょう
miwaさんはきっと細かい仕事をされているのでしょうね
<グールドの帽子>

投稿: miwa | 2008年12月 2日 (火) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 風が吹いて | トップページ | フクミミ しいたけ作業を終える »