« 決戦前夜 | トップページ | 稲穂とひまわり »

2008年9月12日 (金)

シェフの誕生日

080912_p1050361

シェフと言っても、かの伊太利亜、仏蘭西国に見られるような料理は作れない。
シェフが若い時、この国は高度経済成長期とやらで
東ノ都ではオリンピックのために川を埋めたり、その上に醜い高速道路を作り
江戸の面影を次々と消していった。今の中国の大きな都市もそんなとこだろう。
当時シェフはもっぱら田んぼ、畑仕事に精を出していたので
作る料理と言えば煮物、炒め物、漬け物、焼き魚が主体である。
そんなシェフの誕生日に合わせ、帰国中だった当州エゲレス大使婦人より
花束をいただいた。
シェフは喜びの電話を大使婦人にかけ、互いの近況を語り合った。

|

« 決戦前夜 | トップページ | 稲穂とひまわり »

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

シェフlovelyお誕生日おめでとうございますvirgo
シェフの品の良さ、私もまねしたいですshine
グールドの帽子様に、写真持って遊びにいきますねhappy01

☆キャッシーさん ご無沙汰しております
ダリヤではシェフが大変お世話になりました
お元気でダリヤし 焼肉ビビンバされたそうですね
今度 お会いするのを楽しみにしています
<グールドの帽子>

投稿: キャッシー | 2008年9月12日 (金) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 決戦前夜 | トップページ | 稲穂とひまわり »