« 避暑 | トップページ | うなぎ階段 »

2008年8月 5日 (火)

川のほとり 夏の畑

080804_1r1043970

当然だが川に沿うように土手は築かれ、この時期
雑草が今を盛りと土手を膨らませている。
その内側の河川敷には耕された畑が広がる。

ここから少し上流にはくぐり橋と言って、四万十川などでつとに有名だが
川の水量が増すと水流のしたに隠れてしまう橋がある。
台風や大雨でくぐりかけているその橋を私は三~四回見かけたが
ここ十数年はそんな経験もない。
川の河川敷の畑では今、大豆、ネギ、なす、トマトなどの野菜が
栽培されている。
夏休みの午後、そんな畑へ子供たちは家や公園で充分遊んだ午後あたり、
子供どうし、じゃれながら母親の働く畑に向かう。
働いている母親が一休みすると、昆虫や動物の話題や時には告げ口、
母親からは宿題、兄弟喧嘩、夕飯のことが話題に出る。
畑での親と子の盛夏が過ぎていく。
汗がでたら手の甲でぬぐい、その手を半ズボンのお尻で拭いて、
夕方まで時間は充分、どれ、ヘビを見つけに探検だ。
エッ、・・・自転車は大丈夫かって?
へん、知らないよーッ!
アゲハチョウが目の前をゆらりゆらり。
夏の日射しはまだまだ強い。

|

« 避暑 | トップページ | うなぎ階段 »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 避暑 | トップページ | うなぎ階段 »