« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月31日 (日)

もれなくもらえる

080830_p1050188

文庫本2冊でもらったエコバッグはこれ以上のエコはできない
と思わせるようなたよりないバッグでもあった。
けれど、もれなくもらえるとなると応募するもんね。
近頃読んだ文庫本でダントツだったのがあさのあつこ『弥勒の月』。
あさのは『バッテリー』が印象的だったが、初の時代物
『弥勒の月』には参りました。出てくる岡っ引き、同心、小間物屋主人
それぞれが魅力的でオトコ男しており仏映画のフィルムノワールの趣きもある。
あさのに一刀両断、ものの見事に切られてしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、八月のメインイベントはお盆に赤い川で見た花火だった。
夕暮れていく川原で遠くに鳥ノ海山をながめ、桟敷でお弁当を食べた。
お盆を過ぎて豪雨もあった。めだかヶ池があふれ、金魚が軒下まで冒険にきた。
そんな八月葉月が終わる。

| | コメント (0)

2008年8月30日 (土)

天気雨

080828_r1046009

ポツリポツリと天気雨
なぜかうれしく車窓から空を仰ぐ

| | コメント (1)

2008年8月29日 (金)

つなひき

080828r1045993

去りゆく夏雲と新参者の秋雲がつなひきをはじめた。
勝負は一進一退。
イナカーナに住む、人も稲もヒグラシも空を見上げては
どっちもがんばれと声援を送る。
そんな空だ。

| | コメント (0)

2008年8月28日 (木)

平野をわたる風

0808228_r1045503

さわさわと さわさわと 平野を風がわたってゆきました

| | コメント (0)

2008年8月27日 (水)

カリーヤの梨

080825_p1050144

カリーヤの先生から梨をいただく。
果物はすでに秋に突入していた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

北京オリンピックの閉会式を録画で見た。
鳥の巣スタジアムのポールに国旗が掲揚される。
旗が頂上に上り詰めると風が当たり、旗はきれいにハタめく。
どこに扇風機を置いて風を送っているのだろうと画面の中を捜していると
「ポールそのものから内部を通した風を送っているのでは?」とシェフは推察した。
さすが、シェフである。次回、東京オリンピックの開催が決定したら
旗揚げアドバイザーとして推薦したいと思う。
また、鈴を身に着けた黄色の女性たちはあれだけの人数で
模様を動き描くのに自分の立ち位置は何を目印にしているのか。
選手や要人を案内する白チャイナドレスの女性たちの平均身長は
何センチなのか。
疑問は夏雲のように湧き起こる。
北京オリンピック舞台裏を特集してはくれぬものかと思う。
閉会式は再びチャン・イーモウ演出。開会式ほどの絢爛とした様式美は
見せなかったものの燃える色の効果を人の動きで見せた。
スタジアム中央の塔はさながら消防士たちの訓練成果のようだった。
ふむ、東京オリンピック開催が決定したら演出はどうしよう。
チャン・イーモウに太刀打ちできる演出家は蜷川幸雄くらいだろうか。
まあ、その頃には新たな才能が表出してると思うが・・・。

| | コメント (0)

2008年8月26日 (火)

さらば!

080804_r1043653

さらば 愛しき夏の日々よ

| | コメント (0)

2008年8月25日 (月)

確か三日前

080822_r1045545

確か三日前の夕刻、ひこうき雲が出て
それから低気圧が日本海上に居座り、天気がくずれ今日に至る。
ひこうき雲がすぐ消えれば天気がよく、長く消えないと悪化すると言うが
今回は後者である。
寒くて、靴下を履き毛糸のベストを身に着ける。
床が急に冷たくなり、スリッパは何処、カーペットはどうしようか。

| | コメント (1)

2008年8月24日 (日)

夏が疾走

080822_2r1045331

刻々、夏が疾走していく。
スイカ、メロン、桃、あずきアイスがさびしがる。
すだれや簾戸、風鈴が空虚を抱えていく。
一方<羊が丘>は皿を前にして、それどころではない。

| | コメント (0)

2008年8月23日 (土)

オリンピック

080817_r1044748

「ゲッ、北ッ京ッゲゲゲ終ッゲッゲコッ!」

北京オリンピックの選手たちの活躍ダイジェストをNHKで見た。
日本、世界の選手が勝ったり負けたり、歓喜だったり悔しさだったり、
選手たちの戦い終えた直後、その表情の変化に見入ってしまう。
ミスチルの『GIFT』にのせた映像だった。
歌詞のように白か黒では計れない価値は本当に選手たちのものだと思う。

| | コメント (0)

2008年8月22日 (金)

便り

080821_r1045044

お盆は楽しかったとメイ・ヨークからの便り
彼女にあげたアン切手シートは早くも利用されていた
価値は人によりこのように違う

| | コメント (3)

2008年8月21日 (木)

遠雷

080820_r1045205

最近、二度の豪雨があった。夏の天気は目まぐるしく変わる。
夕刻、遠雷が鳴りはじめたら、暗雲が立ち込めてきた。
追われるように帰宅し、麦茶を飲む。
大雨、カミナリ、強風、洪水の警報が出て不穏な夜を迎える。

| | コメント (0)

2008年8月20日 (水)

残暑お見舞い

080818_r1044931_4

そろそろ夏休みの自由研究にあせり始め
最後までテーマや題材が見つからず
登校日の前日あたり無理やり仕上げていたあの頃
計画通りの方 それができない方にも
残暑お見舞い申し上げます

| | コメント (0)

帰還

080817_r1044985

今日も正体はばれずに済んだ
さあ 帰ろう

| | コメント (1)

2008年8月19日 (火)

雨あがりの公園

080817_r1044733

雨あがりの公園
ベンチに置き忘れた子供たちの声に
シロツメグサがアウトと答える

| | コメント (0)

2008年8月18日 (月)

結ぶ

080810_1r1044297

帰省したメイ・ヨークはおにぎりの結び方がいつのまにか上達していた。

枝豆炊き込みご飯に余分がでたため花火見物に持参するおにぎりにした。
メイ・ヨークはどうやらピーナッツ州で結びの修行を積んだらしい。
将来、りっぱな結び者になるかも知れない。
メイ・ヨーク、二泊三日のお盆帰省は・・・
一つ 山の2,446段の石段を上ってかき氷を食べた。
一つ 海へ二度も行き岩場で潜り、海水浴場の高くておいしくないやきそばを食べた。
一つ 海坂で花火を見上げ、特製弁当と枝豆おにぎりを食べた。
一つ 混んでる温泉へ浸かった帰りアイスクリンを匙で舐めた。
一つ 席を予約し、ピザランチ980円を食べた。
そして、ふぅーと息を吐くと帰っていった。

080810_3p1040811

続きを読む "結ぶ"

| | コメント (0)

2008年8月17日 (日)

子供じぶん

080815_3p1050047

子供じぶん、僕らはぶどうを『ぶんど』と言った。
日常食べることができるぶんどの代表がデラウェアであった。
そんな豪華そうな名前があることも知らず、
食べ終えた皿の上にはこんもり山のようなぶどうの皮と
身ぐるみはがされた茎が残った。
駄菓子やで巨峰のような羊羹を買って食べたこともあった。
半透明なゴムに包まれた今にしてみれば不気味な羊羹。
口を開けるとゴムは一瞬にして縮み、丸い羊羹が現れる。
一粒五円か十円の時代のこと。
さて、本物のぶどうが包まれた薄い紙をひらくと、
はちきれそうなデラウェアにぶんどが甦る。

080814_p1050060

| | コメント (0)

2008年8月16日 (土)

夏の惑星

080730_r1043015

『 黄色な王さま星 』
・主な特徴
メロン系に属しさくさくしした軌道を描く
凍土はいくらか少ない

| | コメント (0)

2008年8月15日 (金)

フクミミ 収穫する

080813_1p1040993

手ぬぐいが似合う男フクミミのスイカが収穫された。
フクミミはカラスとの戦いにも勝利した。
当地はスイカ産地ではないし、フクミミはなから
丹精は考えていなかったので味の保証は残念ながらできない。

| | コメント (1)

2008年8月14日 (木)

盛夏

080813_r1044642

盛夏、イナカーナは黄緑色の平野に変化する。

続きを読む "盛夏"

| | コメント (0)

2008年8月13日 (水)

落ちてきたもの

080810_r1044570

花火大会の夜
空から落ちてきたもの
星のカケラさ 銀の文字

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

夏は花火

080810_1r1044536

川のほとりは花火見物の人で溢れていた。

続きを読む "夏は花火"

| | コメント (0)

2008年8月11日 (月)

やったぁー

080810_r1044427

山頂途中の石段ではオニヤンマが羽音を響かせ巡回飛行し
子供たちはふぅーふぅーいいながら石段を駆け上る。
標高414メートル、2446段の石段を上りきる。
やったぁー!

| | コメント (0)

2008年8月10日 (日)

トウモロコシ

080809_1r1044272

朝、トウモロコシをいただいた。茹でて塩を振る。
ふぞろいはいいな。

| | コメント (2)

2008年8月 9日 (土)

夜空のむこう

080807_3r1044256_2

夜空のむこうには同じようにこの星を見ているものがきっと・・・

続きを読む "夜空のむこう"

| | コメント (1)

2008年8月 8日 (金)

ひと休み

080806_r1044183

夏は電信柱がオススメです

| | コメント (0)

2008年8月 7日 (木)

うなぎ階段 卵焼き篇

故杉浦日向子著『そば屋で憩う』に日本橋にある室町砂場
というそば屋が出てくる。
その中で描かれるそば屋の雰囲気と卵焼きに目がくらみ、
何年も前に食べにいったことがあった。

続きを読む "うなぎ階段 卵焼き篇"

| | コメント (0)

2008年8月 6日 (水)

うなぎ階段

080726_r1042655

過日の土用にうなぎを食いそびれたフクミミ家は
たいへん珍しいことだが、とある鰻屋に出かけた。

続きを読む "うなぎ階段"

| | コメント (0)

2008年8月 5日 (火)

川のほとり 夏の畑

080804_1r1043970

当然だが川に沿うように土手は築かれ、この時期
雑草が今を盛りと土手を膨らませている。
その内側の河川敷には耕された畑が広がる。

続きを読む "川のほとり 夏の畑"

| | コメント (0)

2008年8月 4日 (月)

避暑

080802_1r1043507

すこぉーしひんやり気持ちいいんだなこれが

| | コメント (1)

2008年8月 3日 (日)

空に星があるように 

080730_r1043024_3

空に星があるように 地上(ここ)にも星がありました

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

夕暮れ

080721_r1042183

刻々と頂点へひたはしる夏の諧調

| | コメント (1)

2008年8月 1日 (金)

八月 新しい朝

080731_r1043297

あったらぁしーい朝がきた
希望のあぁさぁーだ

続きを読む "八月 新しい朝"

| | コメント (1)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »