« シェフ 梅を干す | トップページ | エジプトの素麺 »

2008年7月26日 (土)

幸せな遭遇

080723_r1042402

いつだったか、勤めていた事務所の隣り席のメイ・ヨークと
同世代と思われる子にはじめて見た映画を聞く機会があった。
彼女の答えはジブリの<天空の城 ラピュタ>だった。
なんと『幸せな遭遇』だろう。
私はリバイバルの<十戒>と記憶している。
スペクタクル映画黎明期の作品である。
そして、時代は怒涛の如く変遷し、
<崖の上のポニョ>を見た。

080725_r1042539 オトナの理屈がいらない映画だった。
こども目線の感覚、興味で描かれている。
この映画に不満な人は・・・たぶん欲張りなオトナである。
海がいい。海底がいい。不気味な波がいい。
サカナ波の上を走るポニョの楽しさといったらない。
赤ん坊のむずがる表情に<トトロ>のメイの顔が重なる。
宗介のろうそくで進むオモチャの船が出てくる。
そんな船で私も遊んだことがあったぁ!
ということは、
この映画は私にとっても過去との『幸せな遭遇』である。

|

« シェフ 梅を干す | トップページ | エジプトの素麺 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シェフ 梅を干す | トップページ | エジプトの素麺 »