« トン ツー ツー  | トップページ | 日が沈んで »

2008年6月15日 (日)

梅雨入り前のバトンかな

P1170867

梅雨の前にバトン?がきた。
新種の牡丹か、それとも新発売のボタン?
或いは、北京で一緒に400メートルリレー参加の誘いだろうか。
謎は深まるばかりだった。
そして、教えてもらった。

P1190148_2

バトンとは質問に答え、次にまわすことらしい。
前任者の内容を見て、バトンを渡すことにした。
内容は以下になる。


バトンをいただいたのは<エフの日>のエフさん。
エフさんのブログは句と写真、植物が中心で、
風景がいつも広々している。
広々が気持ち良かったので、訪ねている。
私もエフさんを当初、男性だと思っていた。
実は虫愛でるヒメらしい。


当ブログ作者をイメージする色として
エフさんからシルバーグレイをいただいた。
渋い、がんばるだ!


私<グールドの帽子>住んでいるところは、
北陸より上、米どころ越後を北上、
ヤマガータ内、イナカーナ州(庄内とも言う)になる。
今年、州内の海坂には藤沢周平記念館ができる。
平野が大半なので写真に立体感がでない。
でも、山、海どちらも30分くらいで行ける。

それでは<グールドの帽子>の
バトンにいってみましょう。

1 名前
いつの頃からかアップライトピアノが部屋にあった。
弾けずにいたら園児メイ・ヨークが触りだした。
以前のブログでも書いたが彼女は泥んこ遊びの後で弾く。
後年、メイ・ヨークはグランドピアノにもかぶりつく。
グレン・グールドは好きなピアノ弾きである。
夏、気だるぅーい午後あたり<ゴールドベルグ変奏曲>を
聴いていると、グールドの孤高な姿が見える。
冬、凍てつくような部屋で石油ストーブにかじりつくように
聴くと、孤独なモノローグが聴ける。
グールドはよく帽子を被る。私と一緒である。
そんなことで、名前由来(気に入った)とした。
昨年末、メイ・ヨークからプレゼントに
ハンチングをもらって、うれしかった。


<その習性>
東ノ都(東京とも言う)に行くと寄席に行く。
パフェを食べる。冬は炬燵が好きである。

尚、当ブログでは州知事、州民、州(動植)物、
某家族が登場し、自分かってに動き回ります。
登場した方はご容赦を。

2 恋人
これはパスだな・・・。

3 タイプ
タイプ?
自分のことだったら、アキッポイとも言える。
ブログ以前、日記は一週間以上続いたことがない。
ノートも完全に使い切ったことがない。
他にもユージューフダンとか。


ふーむ、異性のタイプ?
最近では木村多江でしょうか。
(性格まではわからないが)

4 好きな漫画
手塚治虫。
手塚は昔、池袋SEIBUで見た。
おもちゃ売り場の側にイベントで手塚の部屋が作られており
手塚はその部屋で机に向かいペンを握っていた。
「ウワッ
、本物だ!」
天才を見たのはこの時が始めてである。
メイ・ヨークには<火の鳥>と<ブッダ>を与えた。
彼女も喜んで見ていた。

好きな本だったら、
今年前半の収穫は武田百合子と桜庭一樹。
武田はその率直な視線と物言いが、
桜庭はラストへの破滅まっしぐらが好み。
外国だったら「百年の孤独」の
ガルシア・マルケスだろうか。

5 好きな音楽
朝はコーヒールンバをハミング♪
グレン・グールド、カルロス・クライバーは別格として
(余談だが、グールドの『トルコ行進曲』はホントに行進する)
バッハはヴァイオリン、チェロの無伴奏、
ベートーヴェンは交響曲が多い。
バロックも聴く。
ボサノバ、吉田慶子はうっとり。

6 好きなブランド、
ブランド?
洋服、バッグ、靴はこだわらない。
着れればいい、下げればいい、履ければいい。
イナカーナではブランドは意味がない。
3分歩けば、田んぼさ。


気になるブランドだったら、
<ゴールドムンド>というスイスのメーカー。
アンプとか作っている。美音だが高価なのが欠点。
また、<ライカ>と聞くと耳をふさぐようにしている。

7 次にバトンを回すひとと、その人のイメージ色
次に回す人は
Storage pool>の38xxxxさん。
雰囲気のある写真、素直な文章を書かれます。
帽子も手作りする!

イメージ色は少し古色なオレンジ
或いは
物憂いブルーかな。

もう、お一人は
小春日和>のaniseさん。
静かな光を感じる写真を撮られます。
スナップもいいです(ブルーを着た黒人女性)。
音楽も詳しいです。

イメージ色は白が映えるフォレストグリーンでしょうか。

8 ルール
特になく、ただ次の人に回すそうです。
(但し、このバトンはその人をイメージする色を伝える)

答えたくない質問はパスしても良く、
回したくない人は回さないでもいいそうです。

(このようなバトンが意に反していたら、
大変申し訳ありません)

よろしくお願いしますだ♪
(エフさんの言葉を借りた)

『グールドの帽子』でした

 

|

« トン ツー ツー  | トップページ | 日が沈んで »

⑧筆者 」カテゴリの記事

コメント

グールドの帽子さん、こんばんは。
バトン、しかといただきました。
ちょっと時間がかかってしまって(すみません(汗)。)いますが
必ずお返事します・・・!

追伸:イメージカラー「白が映えるフロレストグリーン」というのは、
白もグリーンも大好きなのでとても嬉しかったです。
ありがとうございます。

☆aniseさん
おはようございます♪になりました
バトン どうぞ ゆっくりお渡しください
(北京まではまだまだです)
aniseさんのイメージカラーですが
最初モノクロかなとも思ったのですが
ステキな花のお写真も撮られていらっしゃるので
白の映える森の緑と考えました
aniseさんに触発されたので
グールドの帽子も花を撮りましたので
少ししたら載せたいと思います
<グールドの帽子>でした♪

投稿: anise | 2008年6月18日 (水) 23時35分

エフさん おはようございます♪
朝 冷たいグレープフルーツが
おいしい日々です
直にサクランボの季節ですが
あれは食べ過ぎるとお腹にきます
注意!

イナカーナ州はイントネーションの訛り
というより感情表現や語尾でしょうか
清兵衛では語尾に『ガンス』が付きましたが
『ノ』や『ジ』が付く地域もあり様々です

投稿: グールドの帽子 | 2008年6月16日 (月) 09時05分

こんばんは♪
グールドの帽子さんバトンありがとうございます
ちょっと謎が解けたようでガゼンいまだ謎のようで・・
そうかそうでしたね藤沢周平さんの小説のところですね
そうかといいつつどこか地図で指せません
今夜地図を開いてみましょ
映画の清兵衛さんの訛りは温かかったですね
グールドの帽子さんのイメージにプラス訛りっと♪


投稿: エフ | 2008年6月15日 (日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/21534747

この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り前のバトンかな:

« トン ツー ツー  | トップページ | 日が沈んで »