« 散歩の途中 | トップページ | <ルネサンスとは何であったのか>を読む »

2008年5月 2日 (金)

<笹巻き>を送った

P1190488

この時期、恒例の<笹巻き>を何個か送った。
農家が田植えの合い間を見てつくる食べ物である。
もち米を三角にした笹に詰め、灰汁を入れて煮たもの。
灰汁を入れないで煮るとほんのり笹の色がでて白に近い。
写真は灰汁の入った笹巻きで黄色になる。
笹をむき、黒蜜をかけ、青きなこをかけて食す。
もち米がプルンと柔らかい。
フクミミ家では知り合いの農家に毎年、発送までお願いしている。

その中で親戚のA・Jに送った<笹巻き>は
今週末、飛行機に乗りイギリスへ向かう。
かの国へはABC家のご夫妻が赴任中である。
初フライトするイナカーナの笹巻きは
ロンドンに着いた途端食べられる運命だ。

|

« 散歩の途中 | トップページ | <ルネサンスとは何であったのか>を読む »

④ フクミミ家 食卓の風景」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/20689850

この記事へのトラックバック一覧です: <笹巻き>を送った:

« 散歩の途中 | トップページ | <ルネサンスとは何であったのか>を読む »