« グールドの帽子 | トップページ | <富士日記>を読み終える »

2008年3月11日 (火)

フキみそが匂う

2rimg0035

イナカーナもあたたかくなり、街中の雪はほとんど溶けた。
道路の周辺は土や泥で汚れ、きたない。
光はすっかり春の日差しとなる。

いただきもののフキノトウでシェフは<フキみそ>を作った。
廊下にまでフキノトウのほろ苦い匂いが流れる。
フキみそはそのままご飯にのせたり、
みそ汁に入れたり、焼きおにぎりにつけたりする。
冬、体の中にたまった悪い成分を
フキの苦味が退治するのだとシェフは力説するが
苦手な私はフキみそから逃げ回る。

|

« グールドの帽子 | トップページ | <富士日記>を読み終える »

① イナカーナ・スケッチ」カテゴリの記事

⑦ シェフ・ゴロタン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/11173293

この記事へのトラックバック一覧です: フキみそが匂う:

« グールドの帽子 | トップページ | <富士日記>を読み終える »