« ミシとかギシとか | トップページ | ヴェネチアのひこうき雲 »

2008年2月25日 (月)

<TUGUMI>を読んだ

Rimg0019

吉本ばななの<TUGUMI>を読んだ。
つぐみが主人公なのだが、そのつぐみの友だちである
まりあが語るという面白い形をとっている。
ばなな、ばななと騒がれていた頃は敬遠していたので
ようやく読んだことになる。
作者が毎年夏に過したという海辺が舞台ということで
海も雨も描写がとてもいい。
冒頭、まりあがつぐみをいやな性格だと紹介するが
それは魅力的な主人公の形容だということに
すぐに気づかされる。
感受性が突出した時期を小説に刻むことができた作品である。
唯一、気になったのは、つぐみが美しい少女であること。
なんか、最初から少女マンガのようで困った。

|

« ミシとかギシとか | トップページ | ヴェネチアのひこうき雲 »

② 見て聴いて読む!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/394246/10690540

この記事へのトラックバック一覧です: <TUGUMI>を読んだ:

« ミシとかギシとか | トップページ | ヴェネチアのひこうき雲 »