« 旧王宮の床板  プラハ③ | トップページ | 街へ下る  プラハ⑤ »

2008年1月21日 (月)

猫の看板 プラハ④

L1020114

プラハ城、黄金小路にあった猫の看板。
黄金小路は16世紀、錬金術師たちが住むようになり
名付けられたと言う。
ピンクや青の壁のカラフルな小さな家々がつらなる。
今は、ここの家々はおみやげ屋さん。
小窓のあるトイレも小さかった。
この手前にカフカが33歳の時、
住んだ青い壁の家がある。
その色で作家のイメージが膨らむ。

L1020105

|

« 旧王宮の床板  プラハ③ | トップページ | 街へ下る  プラハ⑤ »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 旧王宮の床板  プラハ③ | トップページ | 街へ下る  プラハ⑤ »