« 大聖堂の光の色 プラハ② | トップページ | 猫の看板 プラハ④ »

2008年1月20日 (日)

旧王宮の床板  プラハ③

L1020094

旧王宮のヴラディスラフホール。
様々な行事に今も使われているそうだ。
アーチ状の天井がユニーク。
床板が昔の体育館か講堂のようで
なつかしい味わい。

プラハはモーツァルトのオペラ
<ドン・ジョバンニ>の初演の地。
モーツァルト自身、愛着を持った街だった。
夜、国立マリオネット劇場で
<ドン・ジョバンニ>の公演を見た。
オープニング、子供が多い中で
ヌード雑誌を見せる舞台演出があり、
見てる大人の方が心配してしまう。
最後にマリオネットをあやつる人も出てきて
人形との大きさの対比が面白かった。
観客は韓国人が多かった。

ちなみに、メイ・ヨークも冬のプラハで
人形劇を見に行ったというので感想を聞いたが
はっきりしない。
問いただすと公演中ぐっすり寝てたそうだ。
確かに、メイ・ヨークは子供の頃より部屋を
覗くとピアノか寝ているかどちらかだった。

舌を出した写真で有名なアインシュタインは
「死とは、モーツァルトを聴けなくなることだ」と
語ったが今の私はそこまでは無理だな。

|

« 大聖堂の光の色 プラハ② | トップページ | 猫の看板 プラハ④ »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

⑤ メイ・ヨーク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大聖堂の光の色 プラハ② | トップページ | 猫の看板 プラハ④ »