« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

2007年12月31日 (月)

大晦日 羊が丘は安らかに

L1060263

ベッドから静かな呼吸が聞こえる。
<羊が丘>は眠りに入る前のつかの間、
よしなしごとをぼんやり思い返していた。
今日は今年最後の掃除をした。
質素な門松を立て、餅をお供えし、窓ふきをした。

フー、今年もいろいろ食べたな。
焼きおにぎり、クリ、柿、ラ・フランス、ぜんざい・・・。
もちろん、<年越しそば>もだ。
フクミミからもらったそばにはとっくりに入ったつゆと
そばを引き立てる一味が付いていた。
この一味の絶品なこと!
来年はどんな食べ物に出逢えるか楽しみだ。
ヨダレがでそうだ。

・・スー、・・スー、・・スー。
だんだん、食べ物がぼやけていく。
・・スーー、・・スーー、・・スーー。
やがて、<羊が丘はで安らかに草をはみ>
眠りに就いた。

| | コメント (0)

2007年12月30日 (日)

年越しそばをいただく

L1390327

そば街道で名を馳せている隣り州の
そばをいただいた。
フクミミがそば好きを公言しているため
気を使ってもらうことになる。
フクミミ老いてますます、主張、個性を尊ぶ。

| | コメント (0)

2007年12月29日 (土)

かりかり漬け

L1020508

シェフは帰省するメイ・ヨークのために
一生懸命、<かりかり漬け>を作るのであった。
以前、筆ノ者、レシピを聞いたが忘れてしまったさぁー。

| | コメント (0)

2007年12月28日 (金)

すずめが実る木

L1390273

イナカーナには<すずめが実る木>がある。
昔ほどではないが、なんとか今年も豊作だ。
天気がいい日和など、すずめたちの世間話で
それは騒がしい。

ところで、どうやってすずめを収穫するのか教えよう。
霜柱ができるようなとても寒い朝がねらい目。
そーっと木の下へ近づき、木の枝をおもいっきり揺する。
すると、寒さでカチンカチンに凍りついたすずめは
枝からポキッと折れ、地面へ真っ逆さま。
目を回したすずめを次々拾いカゴへ放り込む。
といった按配(あんばい)である。

| | コメント (2)

2007年12月27日 (木)

ドラマ<SP>を見た

L1390245

先日、気になっていたフジテレビのドラマ<SP>を見た。
沈んだ色彩の映像、機動性を生かしたアクションで好感がもてる。
内容は映画にしたら大規模になり過ぎマヌケになりかねない。
なので、映画化は望まない。
音楽にクラシックが使われている。
見た回は最後の方で<カルミナ・ブラーナ>の冒頭部分。
何か大きなできごとがおこりそうな予感をさせる曲だ。
前半で美しくも悲しい<亡き王女のためのパヴェーヌ>が流れる。
両方ともいい選曲だとしたいが、
ドラマ内容からすればクラッシックは合わないと思う。
まあ予算、時間のこともあるからね。

追記)後日、<SP>最終回を見たがドラマ内容と渋めの映像を盛り上げたのが
クラシックであったのも事実だ。音楽担当のセンスの良さでもある。
ということは今回はクラシックがベストな選択と言える。
前言の訂正だな。

| | コメント (0)

2007年12月26日 (水)

ボクだけ?

L1390174

とうとう、世界には彼だけが残された。

| | コメント (0)

2007年12月25日 (火)

エジプトのクリスマス

L1060031

南の国のクリスマスはどう見ても浮いている。
サンタは水着姿だし、トナカイだって
毛皮を脱いで夜空を飛び回ってる。
一昨年の冬、エジプトにいた。
この時期のエジプトは砂嵐もなく過しやすい。
アレキサンドリアはホテルのロビー。
ツリーにぶら下げられた彼は
エアコンの効いたロビーで、メタボな体を
静かに宙に浮かせていたものだ。

メイ・ヨークが幼い頃、フィンランドの本家サンタに
クリスマスカードを頼んだことがある。
カラーの印刷物に確かサンタのサインがあったような封書が
届いた。少し安っぽかったけれど、何千何万の日本の
子供たちからの依頼だから、そんな程度になってしまう。
メイ・ヨークは子供だからとても素直に喜んでくれた。
全ての子供たちにメリー・クリスマス!

| | コメント (0)

2007年12月24日 (月)

メリークリスマス!

L1390189

メリークリスマス!
もちろん、イルミネーションはいらない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<戦場のメリークリスマス>、
映画は好きではないがテーマ音楽の
<メリー・クリスマス・ミスター・ロレンス>は
とてもステキな曲である。
カール=アンドレス・コリーのピアノで聞いた。

| | コメント (0)

2007年12月23日 (日)

光射す

L1390097

光射す午後
雪のまどろみ
フッと息を吐いてみる

| | コメント (0)

2007年12月22日 (土)

葉は

L1390089

葉はあったかく
できている

| | コメント (0)

2007年12月21日 (金)

ウググッ・・・

L1390114

ウググッ、圧雪死になりそうだ!

| | コメント (0)

2007年12月20日 (木)

準備

L1390016

そう ハートに火をつける
準備さ

| | コメント (0)

2007年12月19日 (水)

そして・・・

L1390005

そして 世界は雪につつまれた

| | コメント (0)

2007年12月18日 (火)

早い夕方の

L1380986

くもりソラ。
風景を切り取るのは
けっこう好きだ。

| | コメント (0)

2007年12月17日 (月)

映画<椿三十郎>を見た

L1090192

山田洋次の時代ものの映画には見識がある。
脇役には地方武士の顔を揃える。その上、殿様も
いかにも無能そうにする。
クロサワは異形の顔が好みか。個性が強い。
前作<椿>は三船につきる。
その汗臭い体臭まで伝わりそうな三船の椿三十郎。
脚本が三人いることでの策略と攻防の面白さがあった。
前作では捕まった侍を小林桂樹が演じており
ひょうとしたいい味をだしていた。

今回の<椿三十郎>、
良かったのは血しぶきのない殺陣、
うまいテーマ音楽といったところだろうか。
織田裕二は身ぎれい過ぎ。
三十郎が縛られる庭石はハリボテにしか見えない。
映画は時代を反映する。

| | コメント (0)

2007年12月16日 (日)

星からの使者 その3

3l1380972

地球は、特に冬場のこの国は、君たちにとって
決して暮らしやすいところではない、
まして、友好条約を結んでもいいことはないと
私はハクサイ星の使者の説得に努めた。
「じゃあ、次は、夏に来る」と使者は言い
元気にソラへ旅立った。
とさ。

| | コメント (1)

2007年12月15日 (土)

星からの使者 その2

2l1380959

使者は肩を落とし、ため息をついては
ソラをながめていた。
どうやら、故郷を思い出したらしい。
星シックだ。

| | コメント (0)

2007年12月14日 (金)

星からの使者 その1

1l1380892

そのハクサイ星からの使者は早朝、
フクミミ家の庭石の上にすっくと降り立った。
聞くと、地球訪問の意図は人類との友好条約だそうだ。
私は包丁を背に隠しながら、歓迎の微笑みを浮かべた。

| | コメント (0)

2007年12月13日 (木)

曇り空が続くので

L1010068

毎日、雨を降らす曇り空が続くので
いつか見たソラを

| | コメント (0)

2007年12月12日 (水)

本屋の帰り

L1010037

本屋の帰り
虹を見た午後

| | コメント (0)

2007年12月11日 (火)

その後のキンさんギンさん

L1380865

フクミミ家にやってきた<キンさんギンさん>は
塩、昆布、ネギ、ニンジン、ニンニク、唐辛子、
コアミ、ミリン、焼酎、砂糖、りんごの助けをかりて
このように姿を変えたと言う。

| | コメント (0)

2007年12月10日 (月)

本を買いに

L1380664

本を買いに
冬の旅

| | コメント (0)

2007年12月 9日 (日)

羊が丘 立ち尽くす

2l1360613_2

目まぐるしく変化する東ノ都、その消費の森で見つけた
<クマの木>はクマの集合体で出来ていた。
なんとスタイリッシュな色使い!
クリスマスのツキナミナな赤と緑じゃないなんて・・・。
<羊が丘>は口をあんぐりあけて木をながめた。
なぜクマ族ばかり、こうも世間でもてはやされるのか。
色か、まるっこい体型か、それとも性格か・・・。
我々、羊族はこれから世界へむけて
どんなアピールを展開すればいいのか。
羊族全ての存亡を背負ったかのように
羊が丘はクマの木の前にいつまでも立ち尽くした。
いつまでも、いつまでも・・・・。
グゥーーー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
マイ・フォトで<謎の島パウパウ>を公開します。
登場羊物は<羊が丘>です。

| | コメント (0)

2007年12月 8日 (土)

羊が丘 目をうたがう

L1360614

<羊が丘>は目をうたがった。
あれれ、メガネはどのポケットだ?
東ノ都にはなんと<クマの木>があったのだ!

(明日へ続く)

| | コメント (0)

2007年12月 7日 (金)

雪待つソラ

L1380703

雪が降るまで嫌だなとジタバタ抵抗する
降ってつもれば受容するんだけどね

| | コメント (0)

2007年12月 6日 (木)

山茶花吐息 (さざんかのといき)

L1370732

冬に凛(りん)と
吐く息の先

| | コメント (0)

2007年12月 5日 (水)

ソラと君との

L1370776

とても貴重な時間
青と柿色の午後

| | コメント (0)

2007年12月 4日 (火)

キク 帰る

L1340857

ひと月前の秋なかばから、
奉公にきていたキクが帰った。
灰色の雲のした、イナカーナに雨が降る。

| | コメント (0)

2007年12月 3日 (月)

風の訪問者

L1380609

朝 カーテンをあけた
ガラスに貼りついた
風の訪問者

| | コメント (0)

2007年12月 2日 (日)

山伏が下りてきた

L1380522

ブオーォーオーオォー。
朝食をすませた時間、
町に響き渡ったのは吹かれたほら貝、
何か内外から呼び起こされる音だ。
山伏が<月ノ山>神社から下りてきた。
一軒づつ各家を回り、家内安全などのお札を置いていく。
その際、お金か米を渡す。
今年のフクミミ家では1000ダーズン。
これは<松の勧進>と言われ
イナカーナ師走の風景となる。
ブオーォーオーオォー・・・・。
家々を訪ね、音が遠ざかる。

| | コメント (0)

2007年12月 1日 (土)

月ノ山 

1130l1380435

NHKドラマ<風の果て、尚、足(たる)を知らず>、
タイトルにでてくる<月ノ山>はイナカーナ東南に位置する。
いつだったかドライブの途中、
フロントガラスから見えるあまりにきれいな山姿を目にし、
もっといい姿形を写真に撮りたいなと山に向ったことがあった。
しかし、近づけば近づくほど自分が思い描く月ノ山から
遠ざかり変貌していった。
どうもイメージは育ったところで固定されるらしい。
氏より育ちに近いのかも知れない。
<風の果て>の主人公たちの青春、欲望、対立を見ていたら
アメリカ映画の<ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ>を
思い出した。
年月は苦さを増幅する。

今日から12月がはじまる。
イナカーナには珍しくいい天気が少し続いた。
筆ノ者、以前は皆と同じように師走を走っていたが、
ここ二、三年は走ることを止めてしまった。

足るを知る、足るを知らず、どちらも深い。

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »