« 月ノ山の雲  | トップページ | 秋は夕暮れ »

2007年9月30日 (日)

月ノ山の雲 フクミミがゆく

1_l1280139

九月二十五日は高齢であるフクミミ三度目と
なる<月ノ山>登山だった。
あいにくの天気の中、出発した。
月ノ山は標高1,984メートル、
イナカーナ州の南東に位置し、山岳信仰の山である。
リフトを使えば山頂まで3キロの道程、朝に登り、
山頂で昼食をとり下山、夕方には戻れる行程だ。

当日はリフトを降り歩き始めたら雨になり
半透明でペラペラの合羽(かっぱ)を着る。
登るうちに雨は霧になり、頂上に近づくにつれ
台風並みの強風に迎えられた。
合羽のボタンがはずれ、風になびく。
又三郎のようにマントだったら、さぞ様になったであろう。
しかし、フクミミは必死だった。
滑る木道、体がふっ飛ばされそうな風、
足元の不安定な石と戦いながらの山歩き。
無事、山頂に着き、月ノ山神社本宮へ参拝した。

登る途中、フクミミ山道の笹の葉などちぎり、
ポケットへ入れる。
聞くと、千歩で一枚千切る計算だそうだ。
葉がなくなったら小石を入れる。
山頂まで二時間半、歩数六千有余歩であった。

山小屋で持参のコンビニおにぎりを食し、
あわだだしく下山する。
再び、強い風との戦いを終え、何度か休み
雲の中の木道をモクモクと進んだ。
やがて、眼下にリフトが見えた。

フクミミ持参の金剛杖も
三度目の<月ノ山>行きを終えた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記) フクミミの山歩き<月ノ山の雲>の写真を
マイ・フォトで紹介する。
時間があったら、ご覧ください。

|

« 月ノ山の雲  | トップページ | 秋は夕暮れ »

⑥ ドン・ペロリ・フクミミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 月ノ山の雲  | トップページ | 秋は夕暮れ »