« 豆ごはん  こげた編 | トップページ | イナカーナにイナゴが飛ぶ »

2007年8月26日 (日)

かき氷 今は昔編

P1030100

<葉黒山>の茶屋でかき氷を所望した。
みぞれ、イチゴともに350ダーズン、量からだと値段は高い。
山中の石段の途中なので配送コストが加わり山値段である。
何もこんなところで食べなくともと言われそうだが、
暑さに負けたのサ。

今は昔、筆ノ者はイチゴ味のかき氷を
舌を真っ赤にしながらかきこんでいた。
鼻の奥がキーンとした。
当時、25か35ダーズンだった。
一日のおこずかい、ちょっとしたお手伝いが10ダーズンの時代。
あずきミルクは60ダーズンで高くて手が出ない。
確か、中華そばが60ダーズン、映画が80ダーズンだったろうか。
そんな時代が昭和にあった。

なつかしいかき氷の機械も
やっとこさ石段を上ってきたに違いない。
なつかしい味がきっかけで思い出す日々がある。

注釈)ダーズンはイナカーナの通貨単位。

|

« 豆ごはん  こげた編 | トップページ | イナカーナにイナゴが飛ぶ »

③ 行った!見た!食べた!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豆ごはん  こげた編 | トップページ | イナカーナにイナゴが飛ぶ »